ピクシブ百科事典

フエゴレオン・ヴァーミリオン

ふえごれおんゔぁーみりおん

フエゴレオン・ヴァーミリオンとは、漫画『ブラッククローバー』の登場人物。
目次[非表示]

恥ずべきは弱い者ではない… 弱いままの者だ!!

プロフィール

本名フエゴレオン・ヴァーミリオン
年齢30歳
身長188cm
等級大魔法騎士
魔法属性炎精霊
所属紅蓮の獅子王団長
出身地王貴界
誕生日8月5日
血液型A型
好きなもの向上心のある者、大浴場にゆっくり浸かる
CV小西克幸


人物

クローバー王国に存在する9つの魔法騎士団の一角に当たる「紅蓮の獅子王」の団長。
オレンジ色の長髪紫の瞳を持つ男性。両耳に菱形のピアスをつけ、額に菱形の印を刻んでいる。

アスタ達の半年間に渡るハート王国での修業後、基本的に風貌はそのままだが、ローブの下に着ている服装の所々にクローバーが記された洋服を着用している。

王族の血筋であるヴァーミリオン家の長男であり、姉にメレオレオナ・ヴァーミリオン、弟にレオポルド・ヴァーミリオンを持つ。キルシュ・ヴァーミリオンミモザ・ヴァーミリオンとは従兄弟の関係に当たる。

アスタノエルの心の成長に大きく寄与した人物であるため、この二人の回想によく登場する。

曲者ぞろいの魔法騎士団団長の中において、最も高潔で真面目な性格(他が性格に難のある奇人変人ばかりということもあるが)。普段は落ち着いた理知的な態度だが、有事に際しては熱血漢の顔に変貌する。
また作中では、下層階級や魔力に乏しい相手を露骨に見下す王族や貴族が多いが、フエゴレオンは、どんな相手でも自分と対等の立場として扱って話をする。「魔法帝になる」という、誰もが一笑に付す夢を語るアスタに対しても「ならば君も私のライバルだな」と応える程。戦場において若い者が迷いを見せた時は、叱咤しつつアドバイスを与えるのも忘れない。
一言で言うと「めっちゃいい人」である。
実の弟であるレオポルドにも魔法騎士の先輩として、兄として大切な事を本気で教え伝える事も常に忘れておらず、潜在能力も評価しているからか、期待と信用も寄せている。
アニメ版153話においても、四等上級魔法騎士に昇進を言い渡されるも辞退しようとするレオポルドを「仲間達がお前を信じ未来を託したのか」「その称号に恥じない人物になって見せろ」と諭す等、家族・兄弟の成長を心から願えるほどに素晴らしい人間である。
同じ王族なのによそ様の妹の実力が劣ってるのを盾に心無い言葉投げかけるわ平気で罵倒するわ度を越した仕打ちをする人達(後に関係は修復・軟化)とは偉い違いである。

このように魔法騎士団団長や」一人の魔法騎士としては勿論、一人の人間としても、一人の兄弟としても本当に素晴らしい人物のため、レオポルドを始めとする多くの団員たちからは大変尊敬され、人望も非常に厚い。エルフ動乱事件の中で昏睡状態から目覚め、アスタ達の前に現れた際にはアスタからも涙ながらにその復活を喜ばれた。
姉であるメレオレオナからも「愚弟」、「堅物」等と呼ばれているが、実力と人間性が本物である事は誰よりも認められており、「最高の団長」と何だかんだで言われている。
フエゴレオン自身も、姉であるメレオレオナの目に焼き付く強さと進む事を恐れぬ気概の持ち主であると疑わず、彼女の確固たる強さを心から認めている。

しかし、自分が正しいと思ったことは周りの迷惑をあまり考えずに行動してしまう節があり、そこらへんについては玉に瑕。アニメ版133話では、入浴とは何なのかについて、団員達が逆上せそうになるのをよそに長々と語っていた。アニメ版134話においてのかつての教育係だったテレジアをもてなす会で、3つの卵を異なる熟し具合のゆで卵にするという変わったかくし芸を披露するが、子供達の評判は「つまらない」等と言われるほど評価は芳しくない。
そんな性格であるため、同僚であるヤミからは「熱血真面目大王」と呼ばれている。

魔法

炎魔法の使い手。
王族特有の高い魔力から放たれる豪快な魔法と相手の隙を突く繊細な魔法を使い分ける。
本人の高い洞察力も併せ、戦闘能力は極めて高い。
白夜の魔眼の罠によって片腕を失い、昏睡状態に陥ってしまうが、
転生魔法発動によるエルフたちの襲撃の際にサラマンダーに選ばれたことで、
昏睡状態から目覚め、炎の義手と同時に炎精霊魔法も扱えるようになった。

  • 炎魔法小太陽光芒(ソル・リーネア)
小型の火球からビームを発射して攻撃する。そのビームに貫かれた場所は発火する。防御魔法の使い手であるカールの障壁も容易く破る程。
  • 炎創生魔法大火炎獅子の咆哮(レオ・ルゼーナス)
炎の獅子を作り出すその獅子から特大の炎を放ち攻撃する。
  • 炎創生魔法螺旋火柱(イグニス・コルムナ)
自身を中心に炎を発生させ身を守る防御魔法。その熱量は凄まじく敵の攻撃を瞬時に溶かしていた。
  • 炎拘束魔法大火炎獅子の掌(レオ・パルマ)
獅子の手を模した炎で敵を纏い拘束する魔法。
  • 火精霊魔法サラマンダーの吐息(サラマンダーのいぶき)
炎の精霊であるサラマンダーから火炎を放ち周囲一帯を焼き尽くす。元々白夜の魔眼ファナを主としていたが、エルフ襲撃事件の際彼に宿った。


活躍(主にハート王国修業後)


再登場は、スペード王国漆黒の三極性によって金色の夜明け団長ウィリアム黒の暴牛団長ヤミが拉致された直後に緊急で開かれた団長会議の時である。

漆黒の三極性の一人ゼノン・ゾグラティスの力を目の当たりにしたユノがそれについて報告した所に不甲斐なさを煽る翠緑の蟷螂団長ジャックを諫め、更に会議を放棄してスペード王国に単身で乗り込もうとするジャックに異を唱える銀翼の大鷲団長ノゼルと問答を起こしかけた時は凄まじい気迫で仲裁に入った。

その後乱入と言う形で参加してきた黒の暴牛副団長ナハトからクリフォトの樹に関する情報とナハトが悪魔憑きである事を知った。

※単行本未収録につき、ネタバレ注意!

































そして、ヤミとヴァンジャンスを救い、クリフォトの樹が完成する事を食い止める精鋭部隊の一人として、スペード王国に乗り込む。

ナハトの影魔法でスペード王国城内に潜入し、ナハトとジャックと自信を含む3名で行動している所、漆黒の使徒に遭遇し自ら囮となって戦闘を開始する。

その後、モリスの手でクリフォトの樹の成長を解明・実行した事により冥府の第一関門が開かれた際には、大量に流れ出た悪魔に対しスペード王国のレジスタンスと共に対峙。サラマンダーと共に応戦するも、流れ出た悪魔の数が凄まじかった事もあり苦戦するも、ハート王国で再度修行したノエル達によってピンチを脱する。

関連イラスト

紅蓮の獅子王



関連タグ

ブラッククローバー
紅蓮の獅子王

関連記事

親記事

紅蓮の獅子王 ぐれんのししおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フエゴレオン・ヴァーミリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311802

コメント