ピクシブ百科事典

フエゴレオン・ヴァーミリオン

ふえごれおんゔぁーみりおん

フエゴレオン・ヴァーミリオンとは、漫画『ブラッククローバー』の登場人物。
目次[非表示]

恥ずべきは弱い者ではない… 弱いままの者だ!!

プロフィール

本名フエゴレオン・ヴァーミリオン
年齢30歳
身長188cm
等級大魔法騎士
魔法属性炎精霊
所属紅蓮の獅子王団長
出身地王貴界
誕生日8月5日
血液型A型
好きなもの向上心のある者、大浴場にゆっくり浸かる
CV小西克幸


人物

クローバー王国に存在する9つの魔法騎士団の一角に当たる「紅蓮の獅子王」の団長。
オレンジ色の長髪紫の瞳を持つ男性。両耳に菱形のピアスをつけ、額に菱形の印を刻んでいる。

王族の血筋であるヴァーミリオン家の長男であり、姉にメレオレオナ・ヴァーミリオン、弟にレオポルド・ヴァーミリオンを持つ。キルシュ・ヴァーミリオンミモザ・ヴァーミリオンとは従兄弟の関係に当たる。

アスタノエルの心の成長に大きく寄与した人物であるため、この二人の回想によく登場する。

曲者ぞろいの魔法騎士団団長の中において、最も高潔で真面目な性格(他が性格に難のある奇人変人ばかりということもあるが)。普段は落ち着いた理知的な態度だが、有事に際しては熱血漢の顔に変貌する。
また作中では、下層階級や魔力に乏しい相手を露骨に見下す王族や貴族が多いが、フエゴレオンは、どんな相手でも自分と対等の立場として扱って話をする。「魔法帝になる」という、誰もが一笑に付す夢を語るアスタに対しても「ならば君も私のライバルだな」と応える程。戦場において若い者が迷いを見せた時は、叱咤しつつアドバイスを与えるのも忘れない。
一言で言うと「めっちゃいい人」である。

しかし、自分が正しいと思ったことは周りの迷惑をあまり考えずに行動してしまう節があり、そこらへんについては玉に瑕。
そんな性格であるため、同僚であるヤミからは「熱血真面目大王」と呼ばれている。

魔法

炎魔法の使い手。高威力の攻撃魔法を多数持つ。本人の高い洞察力も併せ、戦闘能力は極めて高い。
後にサラマンダーに選ばれたことで、炎精霊魔法も扱えるようになった。

関連タグ

ブラッククローバー
紅蓮の獅子王

関連記事

親記事

紅蓮の獅子王 ぐれんのししおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フエゴレオン・ヴァーミリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96126

コメント