ピクシブ百科事典

ゾラ・イデアーレ

ぞらいであーれ

『ブラッククローバー』の登場人物。
目次[非表示]

人物

ボサボサの髪に黒いマスクで口元を覆った魔道士。魔法属性は「灰」。
人を食ったような態度で、試合中でも相手の感情を逆なでするような行動を取ったりチームメイトへの被害もお構いなしに罠を仕掛ける、敗北した相手を容赦なく罵倒するなど問題行動が多いが、言っていること自体は正論が多いためアスタも反論できていない。

過去

下民の出身で、父ザラも遅咲きながら下民では初めての魔法騎士団員として紫苑の鯱に在籍していた。身分に関係なく熱心に騎士としての勤めを果たそうとする父を尊敬していたが、貴族の同僚たちに疎まれ謀殺されてしまい、それ以来権力を悪用して横暴に振舞う魔法騎士を嫌うようになった。

現在の格好は父がくれた人形を模したものであり、父の夢の象徴とも言えるその姿でダークヒーローまがいの活動をしていたが、その振る舞いを面白がったヤミ・スケヒロ黒の暴牛のローブを押し付けられ強制的に入団させられる。しかし、魔法騎士への嫌悪からローブを纏うことを拒否し、本部にも顔を出そうとしなかった。

戦闘能力

「灰魔法」の使い手で、灰を使って魔方陣を描き一定の条件下で発動させる罠(トラップ)魔法を得意としている。
この罠魔法は地面だけでなく空中に仕掛けることも可能である。

活躍

王撰騎士団選抜試験開始前に紫苑の鯱副団長のザクス・リューグナーを襲撃して重傷を負わせ、魔法騎士団のローブを奪うことでザクスに成り代わり王撰騎士団選抜試験に参加、アスタ、ミモザとチームを組む(ザクスは主に国境地帯に駐屯していたため、同じ団の魔法騎士でも顔を知らない者が多く、魔法帝ユリウス以外には特に気づかれなかった)。

選抜試験終了後、偽物であることが他の騎士団員たちに発覚し行方をくらますが、父が憧れた「真の魔法騎士」になるべく、王撰騎士団結成の日に改めて黒の暴牛の団員として皆の前に姿を現した。

関連項目

ブラッククローバー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾラ・イデアーレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4823

コメント