ピクシブ百科事典

ブラックアスタ

ぶらっくあすた

ブラックアスタとは、漫画『ブラッククローバー』の主人公、アスタの変身した姿。
目次[非表示]

「一緒に戦うために…!! 強くなってここまで来たんだ…!!」

概要

アスタが断魔の剣に宿る反魔法のエネルギーを自身に巡らせて変身した強化形態。命名はレオポルド・ヴァーミリオン

本来断魔の剣に触れた者は、魔法を打ち消す反魔法(アンチまほう)のエネルギーにより魔法が使えないため、だれも握ることができない。しかし魔力が一切無いアスタは唯一それを振るうことができ、反魔法のエネルギーはアスタの体に流れることになる。そしてアスタはその力の出力・停止を無意識のうちに行っていた。この姿はその原理を応用したもの。

最初は魔女王の策略によって強制的に変身させられたが、その後メレオレオナ・ヴァーミリオンによる修行の中で剣に宿る反魔法のエネルギーの存在に気づき、剣に左手を添えて前方に構える独特のルーティンを行うことにより、自力で変身可能となった。

端的に言えば体内に反魔法のエネルギーを体中に循環させる事で、「アスタ自身が反魔法となる」もので、魔力に対して絶対的な力を発揮する。作中でも「もはや魔法は意味をなさない」とされた
反魔法のエネルギーの影響で、魔力に引き寄せられる形で相手を追尾し、高速で移動することが可能。加速からの重い一撃が決め手となる場合も多い。

ただし反動が非常に大きいため、変身時間には限りがあり、連続での変身も不可能。
さらに魔法での回復無しの場合、1日に2回までしか使用できない。

外見

変身時には右半身が黒い紋様のようなもので黒く染まり、右側頭部から悪魔のような角が現れ、翼も片側にのみ出現する。右目の瞳は赤く染まった上に瞳孔が縦に長くなり、獣のようになる。歯にも変化が見られ、右側の上下2本の犬歯が長く鋭くなっている。
因みにアニメではアスタは悪魔と会話してる時は、黒い繭のようなものに包まれており、漫画よりも禍々しく描かれていた。

技一覧

  • 黒き流星(ブラックメテオライト)

ブラックアスタの状態で放つ一撃。溢れ出る反魔力が魔力を追尾し、敵を斬り裂く。斬られた相手は魔力を限界まで失う。

  • 片角(ワンホーン)ブル・スラスト
剣一本で放つ暴牛の刺突。ブラックアスタの状態で反魔力に引っ張られて使うため、アスタ一人で放つことが可能。

  • ブラックハリケーン
回転斬りに反魔力を加えることで広範囲の魔法を打ち消す。
ただし、体内の反魔法エネルギーを全て放出するので、ブラック状態は解除されてしまう。

反魔法の悪魔リンク先はネタバレ注意

アスタの持つ五つ葉の魔導書に憑り付いている悪魔。笑い方は「ゲゲゲ」。
いつから宿っていたかは不明だが、アスタが使用する魔法剣に反魔法の力が宿っているのは彼の持つ力によるものである。

魔女王によって強制的にブラック化を発動させられた際、アスタの精神世界に初めて登場し、彼を取り込もうとするが逆に制されたことで、以降アスタは修行を経てブラック化が可能になった。
その後しばらく出番が無かったが、白夜の魔眼を裏で操っていた黒幕の悪魔がアスタたちによって倒された際に彼の前に現れ、「先輩」と呼びながらも嘲笑いながらその最後を見送った。

新章となる悪魔憑きとの戦いでは、スペード王国を支配する漆黒の三極性の筆頭であるダンテ・ゾグラティスとアスタが交戦した際に再び精神世界に登場し、ダンテに憑り付いている最上位悪魔・ルチフェロに尋常ではない怒りと殺意を向けており、何か因縁があるのかもしれない。
ルチフェロの側は彼のことは名前も知らないらしく、彼の反魔法の力を卑しい力と語り「下級の悪魔だ」と蔑んでいる。


ゲームでは

PS4ソフト『カルテットナイツ』では、早期購入特典DLCで使用可能。
ただし、単なる衣装スキンなので、見た目だけをブラックアスタに変える「なんちゃって仕様」である。
もっとも、同作発売時点ではアニメ未登場なので、先んじて使えるだけでも貴重と言える。

関連タグ

ブラッククローバー
アスタ(ブラッククローバー)

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックアスタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45982

コメント