ピクシブ百科事典

ゴードン・アグリッパ

しゃいぼーい

漫画『ブラッククローバー』に登場するキャラクター。黒の暴牛の一員。
目次[非表示]

💀プロフィール

誕生日1月13日
年齢26歳
血液型O型
好きなもの趣味の悪い人形コレクション、苺のショートケーキ
CV松田健一郎

黒の暴牛のみんなを象った人形は手作り。

☠️概要

魔法騎士団「黒の暴牛」の一員。『毒』魔法の使い手。9巻くらいまで紹介すらないが第二回魔道士総選挙では12位。

真っ白な顔に黒縁の目、誰に向けてでもなくブツブツと小声で喋り続ける様は不気味の一言。小声過ぎてアニメ版では殆ど聞き取れないため、回によっては字幕演出が入っている。
操る魔法は『毒』魔法、さらにその経歴は脈々と続く呪詛魔道士の名門の末裔という。

しかしその実体は友達が欲しいシャイボーイ(って歳でもないが)。皆と仲良くしたいが言えずにいる極度のコミュ障。家業も継ぐつもりはない。
とはいえ、言っている内容が若干ストーカーめいているため、彼に全く非が無いとも言えないのだが。

アスタとも仲良くなりたいと思っており、彼が呪われた際も避けていた実家に戻ってでも解決しようとするなど手を惜しまない。(しかしこの時は家族からの協力は得られなかったらしい。)
それでもゴーシュと共に王立図書館に行くなどして解決に奮闘した。その縁でゴーシュと徐々に馴染んでる様子。

💀『毒』魔法

強力な毒を操る魔法。生物によく効く。
効きすぎて逆に危ないため、直接人に使う場合は加減している様子。
また、グレイの変身魔法「マジックコンバート」で別の属性に変換する事で連携プレーも行う。

毒呪詛魔法“寝起きの穴熊”(アオフヴァッヘン・ダクス)
穴熊の群れを模る毒呪詛。噛みつけば人肉程度一瞬で溶かす。

毒呪詛魔法“毒雲の棲家”(どくぐものすみか)
雲のように広範囲に広がる毒呪詛。巨大な植物の塊もこれでイチコロ。

毒魔法“禁じられた果実”(ファーボーテン・オープスト)
毒の塊をぶつける魔法。

毒魔法“紫の傘”(ヴァイオレット・シルム)
覆うような毒の塊。

☠️家族

5人家族+犬。実家はお屋敷。
だがゴードンは家を継ぐのが嫌で実家を出て生活中。
実家にしろ家族にしろノリが『アダムス・ファミリー』や『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』などを集めて煮込んだような感じとなっている。
アニメ版での声は、全員ゴードンと同じく松田氏が1人で担当している。

ネイサン
父親であり、現在のアグリッパ家当主。何百年と続く呪詛魔道士の家名を誇りにし、自分の代から呪い・毒・病、そして死を扱う秘術の研究を医療方向に転換。
息子ゴードンの『毒』魔法に期待しており、これらの秘術を継ぐよう迫るが理解が得られず息子に対立されていたが、『悪魔』に関する件で関係を修復。黒油魔法を操る。

ヨンナ
母親。黒づくめの女性。

ロクサーヌ
妹。おさげツインテール

ニレニア
祖母。若干ボケ気味。悪魔・メギキュラの呪いについて何か知っているようだが…。

ナナリー
愛犬。白い毛に黒縁の目の犬。

☠️関連タグ

ブラッククローバー 黒の暴牛

ゴードンアグリッパ:表記揺れ

関連記事

親記事

黒の暴牛 くろのぼうぎゅう

兄弟記事

コメント