ピクシブ百科事典

蜻蛉切

とんぼきり

蜻蛉切とは、日本に実在する名槍の一つ。勇将として知られる本多忠勝の愛槍。
目次[非表示]

概要

戦国時代武将本多忠勝が愛用したとされる
天下三名槍(てんかさんめいそう)」と呼ばれる、至高の槍の一本に数えられる。

笹穂(ささほ)とよばれる、その名の通り笹の葉のような広く長い刃を持っているのが特徴。
名前の由来として、槍先に止まったトンボがそのまま真っ二つに切れてしまったという逸話が存在する。

同じく忠勝が着用した黒糸威胴丸具足(鹿角の兜)と共に本多家に代々伝えられたが、第二次世界大戦時に同家を離れ、現在は個人所有のため一般公開はされていない。代わりに、愛知県岡崎市の岡崎城や東京国立博物館にて展示されているレプリカや「写し」は見ることが出来る。

なお、三名槍の他二本は「日本号(にほんごう、ひのもとごう)」、「御手杵(おてぎね)」とされる。

蜻蛉切と姓名が付く人物・キャラクター

  1. 上記の刀剣を元ネタとした、刀剣乱舞に登場する刀剣男士。→蜻蛉切(刀剣乱舞)


関連タグ

武器 
本多忠勝

天下三名槍

蜻蛉切 御手杵 日本号

pixivに投稿された作品 pixivで「蜻蛉切」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38145452

コメント