ピクシブ百科事典

必殺仕置人

ひっさつしおきにん

「必殺仕置人」とは、朝日放送・TBS系列で放送された時代劇「必殺シリーズ」の第2作目。中村主水の初登場作でもある。
目次[非表示]

必殺口上

のさばる悪をなんとする
天の裁きは待ってはおれぬ
この世の正義もあてにはならぬ
闇に裁いて仕置する
南無阿弥陀仏…

中村主水の初登場作品

本作は、前作の「必殺仕掛人」とは打って変わる「原作を持たないオリジナル時代劇」であると同時に、後に必殺シリーズの立役者となる中村主水の記念すべき初登場作である。
奉行所の腐敗に失望するあまり昼行燈となり、婿養子という立場から妻や姑にもいびられていた冴えない役人が『ある事件』をきっかけに再び正義に目覚め、かつての知り合いだった元罪人達と徒党を組んでは法では裁けない悪人を「仕置」する『仕置人』して活躍する物語。
そして中村主水を演じた藤田まこと氏は当時コメディアンとして活動していただけに、この作品で演技派俳優という新たな境地を開いた。

登場人物

仕置人メンバー

念仏の鉄(演:山崎努
主人公。かつて不義を働いて佐渡に島送りとなった前科を持つ、元住職にして酒好き・女好きの接骨医。
ひょんなことから主水と再会し、『仕置人』となる。
暗殺方法は整体を生かした「骨外し」。

中村主水(演:藤田まこと
本作におけるもう一人の主人公
奉行所の腐敗を嘆くあまり昼行燈となった小役人であるが、かつて佐渡金山に同心見習いとして働いていた時に知り合った鉄や錠と再会したことで正義の心が再び目覚めて『仕置人』となる。
暗殺方法は刀を駆使した「剣術」。

棺桶の錠(演:沖雅也
『仕置人』メンバーの最年少。その名の通り普段は棺桶を作っている。
無口だが、正義感が最も強い。やはり事を起こして佐渡に島送りとなった前科がある。
暗殺方法はアタッチメントタイプの「手槍」。

鉄砲玉のおきん(演:野川由美子
『仕置人』メンバーの紅一点。
主に3人のサポートを行う。

おひろめの半次(演:津坂匡章)
『仕置人』メンバーのサポート担当の一人で、普段は瓦版屋で働いている。
演じた津坂氏は後の秋野太作氏である。

その他

天神の小六(演:高松英郎
江戸暗黒街の大物で、『仕置人』の協力者。
普段は自分の身の安全のために牢屋の中にいる。

中村せん(演:菅井きん
主水の姑。彼が婿養子であることをいいことに、いつもいびっている。

中村りつ(演:白木万理
主水の妻。やはり彼が婿養子であることをいいことに、いつもいびる。

仕置方法

従来の必殺シリーズ同様に被害者からの依頼金で悪人を暗殺するのが主であると思われがちだが、初期のころは「暗殺では生ぬるく、じわじわと苦しめる必要がある悪人」も登場しており、その者に対しては以下の仕置きを行っている。

  • 悪徳豪商と結託して罪もない百姓に無実の罪を着せた悪徳役人を拉致して骨外しで喋れなくした後、身投げして死亡していた町娘の遺体を利用する形で心中の生き残りに仕立て、晒しものにして人々に石を投げさせる【第1話】。
    • 江戸時代では、心中で生き残った者は晒しものに処する法律が実際にあった。
    大豆を買い占めては自身を恨む女性を罪人に貶めた悪徳豪商を拉致し、3日間飲まず食わずの状態にして洗い浚い白状させることで、最終的に罪人として貶め、磔の刑に追いやる【第2話】。
  • 前述の悪徳豪商とグルで、しかも彼が罪人になったときは自己保身のためにあっさりと見限った上、私利私欲のために罪のない村娘をさらっては嬲り者にして自殺に追い込み、あまつさえ逃亡しようとした娘を殺害した悪徳老中及び悪徳役人2名、そして悪徳蝋燭問屋を拉致し、徹底的に拷問。さらに彼らによって拷問で失明させられた被害者である依頼人の男性に報復させて視力を奪わせた後、言葉も喋れなくしてお面をかぶせ、葵紋の褌一丁で裸踊りさせた挙句に川に飛び込ませる【第3話】。

関連タグ

必殺シリーズ 時代劇
怨み屋本舗 - ある意味『必殺仕置人』の現代版。

関連記事

親記事

必殺シリーズ ひっさつしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「必殺仕置人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1811

コメント