ピクシブ百科事典

翔べ!必殺うらごろし

とべひっさつうらごろし

朝日放送・テレビ朝日系列で放送された時代劇「必殺シリーズ」の第14作目。必殺シリーズの異端児であり、伝説のカルト時代劇である。
目次[非表示]

必殺口上

二つの眼を閉じてはならぬ
この世のものとも思われぬ
この世の出来事見るがいい
神の怒りか 仏の慈悲か
怨みが呼んだか 摩訶不思議
泣き顔見捨てておかりょうか
一太刀浴びせて一供養
二太刀浴びせて二供養
合点承知の必殺供養

必殺シリーズのターニングポイントとなった早すぎた名作

本来ならもっと長い放映期間が用意されていたのだが、あまりにも他の必殺シリーズとはかけ離れた展開であったために視聴率が上がらずシリーズ唯一の打ち切りと言う憂き目にあってしまった。
だがその完成度は本物である。
そのレベル、強烈な個性がどれほどかといえば、他シリーズで名を知られたライターが参入・脚本を執筆した回がレベルが低いと言われてしまうほどの代物。


登場人物

先生(演:中村敦夫)
霊能力がある、怪しい行者。超能力の持ち主(後述)であり、身体能力もかなりのもの。
行者という立場からか、お金を受け取る事は基本しない上、極端な下戸(一滴飲んだら意識不明状態に陥る)。

(演:和田アキ子
男装の麗人だが、料理・裁縫が得意。だが体格の立派さと怪力故に女性扱いしてもらえず、結果、女性である事をあきらめている。

おばさん(演:市原悦子
記憶を失った殺し屋。自分の子供を引き取って育ててくれている夫婦を守った結果・・・・・・。

正十(演:火野正平)
一行の情報収集役。お調子者だが、経済概念が(悪い意味で)しっかりしている。中村主水とは面識があるらしい。

おねむ(演:鮎川いづみ)
一行に何となくついて行っている旅の巫女。

必殺

うらごろし、その仕置きはあまりにも強烈である。
太陽信仰の行者という先生の設定と太陽の光を浴びて超人パワーを発揮するという超能力の特性上白昼堂々、というか朝っぱらから殺しに行く上、若の殴って殴って殴り殺したり首が180度回転するほどの打撃を加えたり、竈の中に放り込んだり、いくら悪人といっても惨すぎるだろうという殺し方、おばさんの不意打ちと捨てゼリフの強烈なインパクト、さらには思わず笑いがこみあげてくるBGMもあいまって凄まじい印象を残しており、他の追随を許さない。

pixivに投稿された作品 pixivで「翔べ!必殺うらごろし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34147

コメント