ピクシブ百科事典

必殺仕掛人

ひっさつしかけにん

『必殺仕掛人』は原作が池波正太郎の娯楽時代小説シリーズ『仕掛人・藤枝梅安』。鍼医者・藤枝梅安の、暗殺稼業「仕掛人」としての活躍を描く。ドラマ化・漫画化され、『必殺シリーズ』の翻案になった。
目次[非表示]

元々は1972年(昭和47年)『小説現代』3月号に掲載された『おんなごろし』から、1990年(平成2年)『小説現代』4月号で作者の死去によって中断するまで連載された連作娯楽時代小説シリーズである。

ドラマ化

『必殺仕掛人』

1972年9月2日から1973年4月14日まで毎週土曜日22時枠に、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・TBS系(現在とネットワーク編成が異なる)で放送された時代劇。全33話。主演は林与一、緒形拳(藤枝梅安)。『必殺シリーズ』第1弾。
原作は『仕掛人・藤枝梅安』と、その基になった短編『殺しの掟』。
映画化もされ、1作目は梅安役を田宮二郎が、2・3作目は梅安役をTVシリーズと同じ緒形拳が演じた。

『仕掛人・藤枝梅安』

フジテレビ系列でスペシャルとして放送。
1983年版で梅安役を小林桂樹、1990年版で渡辺謙、2006年で岸谷五朗が演じている。(1990年版はTVシリーズ化もされた。)

また1981年に『仕掛人梅安』として萬屋錦之介主演で映画化もされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「必殺仕掛人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 793

コメント