ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

初登場時は、神羅国連合の中央地域出身の青年。

人間だが、魔人「聖龍族」「獣牙族」「飛天族」「鎧羅族」の血を引く末裔。



来歴

第二章

閃光のオウキ

4部族の末裔。槍使い。

「光の戦士」のリーダーとして、魔神マステリオン復活の阻止のため戦う。

闇の六人衆を打ち倒したものの、4人をかばうべく洗脳攻撃を一身に受け止めたために大魔界へと堕ちてしまった。



闇黒剣オウキ

洗脳されたままヘリオスと聖獣合身して魔人覚醒、さらに闇黒竜ゼベリウスに憑依された姿。(何故か皇魔族に分類される。)闇黒魔卿を従え、光の戦士に立ちはだかる。

以上の経緯から閃光剣オウキは存在しない。

また、彼のポジションには魔元帥ベリアールが就いた。



輝煌神オウキ

時空を越えて出現した伝説の部族王・シリウスとの合神を果たす。

他の「光の戦士」と力を合わせ渾身の一撃「央覇崩神」を放ち、マステリオンの体を打ち砕く。

(このカードにはエラー版が存在する。)



第三章

閃光将軍オウキ

マステリオンとの戦いから3年後。「黄金の鎧」を受け継いだ、「光の戦士」のリーダー。地上全軍のトップに立つ。

魔導王メビウスとの戦いで、一瞬の隙をオウキの槍術が突く事に成功。しかし、その代償に自らも致命傷を負ってしまったのだった。

マルガリーテの治癒能力で一命を取り留めた後、「黄金の鎧」をリュウガに託す。



閃光王オウキ

ヘリオスと聖獣合身して、天地を制す「光の王」となった姿。

ストーリー上には現れる事はなかったが、特典としてカード化された。


神獄の章

王我羅旋の章

人間としての天寿を全うした後、調和神バランシールによって輪廻の輪から解き放たれ「閃光神オウキ」として転生、神々の一員となった。他の五光神とともにマキシウスを創造。


天地神明の章

閃光神オウキ

敵として登場。

関連記事

親記事

神羅万象 しんらばんしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35284

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました