ピクシブ百科事典

原田ウマ子

はらだうまこ

原田ウマ子とは、柴田亜美の漫画『PAPUWA』に登場するバケm…キャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:石井康嗣

ガンマ団の対抗勢力である人斬り集団「心戦組(しんせんぐみ)」の幹部。
前作から登場しているガンマ団構成員の一人・武者のコージの生き別れの(弟ではない)。
同時に本作では数少ない人間の女性(現役女子高生)である。

モデルは新撰組十番隊隊長の「原田左之助」。

兄のコージはウマ子が生まれる前に巨大な鯉に飲まれて行方不明になっており、実の兄妹ではあるが面識がない。かつては体が弱くイジメにもあっていたが、いつか行方不明の兄が自分を助けに来ると妄想して体を鍛えていたため、見事な筋骨隆々になったという。実際、先にパプワ島に上陸した心戦組メンバー(近藤派)の中で最も大柄で屈強な体格の持ち主である。
性格は非常に純情乙女の友達想いで兄同様、優しく義に厚い。

モデルの原田左之助同様に槍術を得意としており、彼女をスカウトした局長の近藤イサミ曰く「熊を一突きで仕留める」実力の持ち主とのこと。その実力の高さは決して誇張ではなく、歴戦の強者であるシンタローを槍での一閃を見せただけで戦慄させ、作中でたまたま出くわしたUMAによる不可思議な浮遊体験を力技で中断させるほど。

とある経緯からパプワハウスで饗しを受けた際、赤の番人 兼 家政夫のリキッドに惚れ込み、以来、彼を「リッちゃん」と呼び猛烈なアプローチをするようになる。ときには男性陣と仲良く(?)すじゃれ合うリキッドに「乙女美ジョン(おとめビジョン)」なる独自のフィルターを発動し、BL風の妄想を展開しては嫉妬でその相手である「ご法度野郎(大概は副長の土方トシゾー)」共々殴り飛ばすのがお約束となった。これが原因で山南派に秘石を奪われた後はリキッドの接触を極力避けていたが、リキッドの言葉に心を打たれ、乙女美ジョンを発動しないように努力を始めている。
その甲斐あってか後半は控えめとなっている。


後に自分を助けたアラシヤマに恋愛感情を抱くようになり、運命の相手がリキッドからアラシヤマに変わる。最終的にパプワ島にてアラシヤマと結婚式を挙げた。
流れはどうあれ、自分から好意を寄せた相手を変えた行為の罪悪感からか、リキッドには式目前で謝罪しており、それでも色んな意味で自分を祝福してくれたリキッドを流石は過去に惚れた男と改めて惚れ直している。
ちなみに結婚指輪としてメリケンサックをプレゼントされ、二度とアラシヤマを離すなとアドバイスされていた。

容姿

目はタレ目で下睫毛は長く、鼻筋には横一文字の生々しい傷跡がある。
唇はやや厚く、アゴにはヒゲが生えている(何度も言うが、女子です)。
ザンバラの長髪に屈強な体格は、兄・コージに近しいものを感じさせる。口調もコージと同じく漢気溢れる広島弁を使用。

後に、彼女の猛烈アタックにノイローゼになったリキッドがタケウチくんに顔がブサイクになる「モテない薬」を作ってもらうが、ウマ子はそれをジュースと勘違いして飲み干してしまい、以降はタラコ唇にクマヒゲを生やした更に強烈な顔立ちへと変貌する。
ちなみにコージ的にはこの顔立ちも合わせてドストライクな見た目らしい。

体は筋骨隆々とした屈強な長身だが、女性らしく胸の膨らみが確認される。
衣装は、初登場時には他の組員同様に武士らしい出で立ちだったが、リキッドの前では某三姉妹怪盗のようなレオタードや、某変身アンドロイドのような戦闘コスチュームなど、色んな意味でキワドい衣装で登場している。また、リキッドを追いかける際の目付きは当人曰く「世紀末覇者の目」をしているらしい。

他にも作中では女子高生時の制服、ブルマの体操着、サンタコスなど様々な衣装を披露している他、妹キャラで入浴シーンが複数回あるなど、少年誌における男性読者のニーズであろう要素は概ね踏襲している(残念ながら)。

作中ではその強烈な風貌とキャラクターから最終兵器UMA子と表現されることも。

関連タグ

PAPUWA
心戦組 女子高生 UMA 筋肉娘 漢女
武者のコージ リキッド アラシヤマ

枢斬暗屯子 - 女にとても見えない者つながり。

関連記事

親記事

PAPUWA ぱぷわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「原田ウマ子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7575

コメント