ピクシブ百科事典

キマリ=ロンゾ

きまりろんぞ

キマリ=ロンゾ(Kimahri-Ronso)は、『ファイナルファンタジーX』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:長克巳

のような風貌を持つロンゾ族の青年。25歳。身長204cm。
ブラスカのナギ節が始まった10年前、ベベルからユウナをビサイド島に連れてきて以来、ユウナを傍で守り続けている。彼女が召喚士になった時もガードとして彼女の旅に同行する。
人間と比べれば非常に大柄な体格だが、ロンゾ族としてはかなり小柄で、それを馬鹿にされて誇りであるツノを折られてしまったことから故郷のガガゼト山を降りたという経歴がある。
非常に寡黙で滅多に口を開かないので、威圧的な雰囲気を醸し出しているが、身を呈してユウナを守る優しさや物怖じしない勇ましさを持ち合わせており、ユウナや仲間たちからは信頼されている。ティーダのことは当初はユウナのガードとして認めておらず口を利かなかったが、後に仲間として認めたらしく、会話する場面が増える。後にはティーダやリュックに弄られる描写も見られる。

武器は。防具は小手。七曜の武器は「ロンギヌス」。オーバードライブ技は「敵の技」。「竜剣」という技を使用すると敵の技を習得できるというロンゾ族特有の能力を持ち、これによってオーバードライブ技のバリエーションが増えていく。

他のキャラクターにはスフィア盤にある程度決まった成長ルート・エリアがあるにも関わらずキマリ固有のエリアは非常に小さく、他の5つのエリアに繋がっている。そのため、自身のエリアを早い段階で埋めることができ、他の好きなエリアへ進んで成長させる必要がある。キマリのエリアで習得できるアビリティは「竜剣」「不幸」「ライブラ」「アルテマ」のみで、アルテマはLv.4キーロックによって終盤まで習得できないようになっている。
リュックがパーティ加入するのが最も遅いことや、ガガゼト山でのキマリ単独バトルのことを考慮すると、リュックのエリアへ進むのがオススメとされている。その他、ティーダエリアでのヘイスト習得、ユウナエリアで回復・補助魔法習得など、可能性は幅広いが、進め方によっては中途半端な性能になってしまう。逆を言えば自由に育てることができるキャラクターと言える。

2年後を描いた続編である「ファイナルファンタジーX-2」ではロンゾ族の長老になっている。立場上ガガゼト山を離れられなくなってしまったが、ユウナ達が訪ねると協力してくれる。
しかしロンゾ族の方針をめぐり一部の若者と対立している。


ストーリー面ではなかなかにかっこいい活躍が多いのだが無口な性格や戦闘での微妙な性能が災いしてか、「アルティマニアΩ」のキャラ人気投票でメインキャラなのに10位以内に入れない、マイナビウーマン「読者のFFで使わなかったキャラアンケート」で1位などという不遇な扱いを受けている。

※pixivでは「キマリ」のタグで投稿されることが多い。

関連イラスト

やせいのキマリがあらわれた!!


キマリ
キマリ



関連タグ

ファイナルファンタジー10 FF10 ユウナ

pixivに投稿された作品 pixivで「キマリ=ロンゾ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42612

コメント