ピクシブ百科事典

立花・宗茂

たちばなむねしげ

『立花・宗茂』は境界線上のホライゾンの登場人物。
目次[非表示]

基本情報

名前立花・宗茂
襲名立花宗茂(解除済)/ガルシア・デ・セヴァリョス
字名不明
HN立花夫
契約神旧派
役職三征西班牙:第一特務→武蔵:副長補佐
CV杉田智和


人物像

登場時は、三征西班牙の主教導院アルカラ・デ・エナレスの第一特務。
「神速」ガルシア・デ・セヴァリョスを二重襲名していた。
八大竜王の一人で、大罪武装の一つ"悲嘆の怠惰"の所有者でもあった。

戦種は「近接武術師」(ストライクフォーサー)

字名は「西国最強」。ただし元が付く。
これは、ホライゾン奪還戦において、本多・二代に敗北し
"悲嘆の怠惰"も奪われたことで立花宗茂の襲名解除の危機に晒され、その後襲名解除申請を行ったため。今は立花・宗茂を再度襲名するために妻と共に武蔵にいる。

紳士的だが天然で割と無抵抗主義。
それを代表するエピソードもあるが、それは自身の目で確認してほしい。

酒井・忠次から準神格武装瓶貫を譲られた。

戦闘は加速術を用いて武器をぶち込んでいくという方法で、加速術は最初の頃だと、
旧派の一万七千倍圧縮した加速術で超加速術をしていたがこれだと
懐も痛いが足にも痛かったり、再起のための別の方法を考えて、別の術式を
作り上げた。

名(迷)台詞・名(迷)口上など

1<下>巻 誾とのやりとり
――ただいま。……って、御免、言い忘れてました

関連イラスト

【設定】宗茂初期設定



関連タグ

境界線上のホライゾン 三征西班牙 武蔵アリアダスト教導院

pixivに投稿された作品 pixivで「立花・宗茂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136180

コメント