ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

川上稔作品

かわかみみのるさくひん

本タグは、ライトノベル作家川上稔氏の関わった作品に関するイラストにつけられている。
目次 [非表示]

主に電撃文庫において作品を書いている。

氏の世界観は独特なものとなっており


FORTH >> AHEAD >> EDGE >> GENESIS >> OBSTACLE >> CITY


と展開している。


世界観

FORTH - こちらの世界と変わらない時代。この時代の技術を旧技術という

AHEAD - 異世界から技術やら種族やらルールやらが流れ込んできた時代

EDGE - 地球を捨てて宇宙で人間達が過ごしてきた時代

GENESIS - 地球へ戻ってきた時代。ここまでを基礎時代という

OBSTACLE - 基礎時代が崩壊し、試行錯誤していた時代

CITY - 基礎時代からオブ時代まで全ての集大成の時代


余談

基本的に本が全体的に分厚く、「鈍器」と形容されることもしばしば。

また、「終わりのクロニクル」最終巻では全国の書店員さんに「こんな大きいの入らないよ……」(ブックカバー的な意味で)と心中で呟かせたとかしなかったとか(なお、全1091ページである)。

もっとも、その厚さは次シリーズ「境界線上のホライゾン(2)下巻」であっさり凌駕された(全1153ページ)。彼の作品の厚さは一体どこまで行くのか。


ちなみに、ファンの多くも感覚が完全に麻痺しており、500ページ(一般的なライトノベルは300ページ前後)あっても「今回は薄い」とか言われたりしている。


(分かっている限りで)シリーズに属さない作品

Twelve~戦国封神伝~

戦国時代をモデルにした世界や登場人物、織田信長をモチーフにした敵陣営など、「境界線上のホライゾン」に少し似ているが、SF要素はないファンタジーである。


関連項目

関連記事

親記事

川上稔 かわかみみのる

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6252

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました