ピクシブ百科事典

デビビル

でびびる

デビビルとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である(メイン画像左側)。
目次[非表示]

概要

CV:日野未歩

No236
種族ウスラカゲ
ランクA
スキルビビリすぎ(さぼりがとても多くなる)
好物ラーメン
こうげき疾風づき
ようじゅつ火炎の術
必殺技ビビリバビデブー(邪悪な呪文で敵全体を呪う。HPを少しずつ減らす効果もある)
とりつくびびらせる(とりつかれた妖怪は超ビビリになって戦うのが怖くなってしまう)

超ビビりの悪魔。つねにビクビクしていて本当の力を出せない。リラックスすれば最強という声もある。(妖怪大辞典より)

無印から登場の妖怪。無印ではレジェンド妖怪「花さか爺」解放のキー妖怪。
邪心のかたまり」と合成するとデビビランに進化する。

ゲーム内ではスキル「いあつかん」を持つ妖怪5体で囲んでもデビビルのスキルが勝つため、戦闘ではサボりまくり、ほとんど動かない。かといって「2」の妖怪ウォッチバスターズで使えるかといえばデビビランより少しすばやさが高いだけなど、Aランクの能力値に反してハンデが多すぎる全く使えない妖怪である。とにかく通常戦闘やボス戦で使うことはおすすめしない。

性格も「気ままで○○」などでなく、唯一「ビビりで○○」である。

アニメ

初登場は87話。
ケータの父に取り憑き、家から一歩も外へ出れない程のビビりにさせた。
ケータが召喚したバクロ婆によって、本当は自身のビビりを治したいと思っており、度胸のある奴(プロサッカー選手・ハリウッドスター・メジャーリーガーなど)に取り憑いてみたが、どうしてもデビビルのビビりパワーが上回ってしまいビビりにしてしまう事で悩んでいるのが判明した。
しかし、知ったかぶりがバレない(とうの昔にバレているが)ように妖怪に関する知識が豊富なフリをしてテンパり、かつビビっているウィスパーを見て親近感が芽生え、更にそんなウィスパーのビビりが「ビビり測定器」のメーターのMAXを振り切ったのを目の当たりにしてからは、「俺もウィスパーを見習って、ビビりでも人前に出られる妖怪になる」と決意。それと同時にケータにメダルを渡したのだった。

コロコロコミック版

第5巻に登場。
人をビビらせるために持っている槍を人を殺すのが怖くて使えなかったり、助けてもらっただけで泡を吹きながら気絶したりとゲーム同様臆病だが、我の強い性格でもある。
グレるりんの「つっぱりメンチ」でデビビランに進化し、ケータ達を襲ったが、ワルニャンに倒され元の姿に戻った。その際ワルニャンに「ビビってばかりじゃ前に進めない。一歩進めば何か変わる」と言われ、一歩を踏み出し、ケータと友達になった。しかし、次の一歩を踏み出した後、走ってきた車にはねられてしまった。

ちゃお版

32話に登場。
グレるりんドケチングに苛められていた所コマさんに助けられる。
コマさんのビビリ癖を治すのも兼ねてお化け屋敷に入るが、デビビルよりもコマさんが大きくビビッてしまいお化け屋敷から出たころにはビビリも克服し、デビビランに進化していた。

関連タグ

妖怪ウォッチ ウスラカゲ族 デビビラン

pixivに投稿された作品 pixivで「デビビル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18500

コメント