ピクシブ百科事典

山地闘破

やまじとうは

山地闘破とは特撮作品『世界忍者戦ジライヤ』の主人公。
目次[非表示]

演:筒井巧

概要

本作の主人公で戸隠流第三十四代宗家・山地哲山の養子。
秘宝パコの在処が記された粘土板(ボード)の半分を守る使命を帯び、
ジライヤスーツを哲山より託され「磁雷矢(ジライヤ)」を名乗り闘う事を命じられる。
スーツ装着後でも仲間や家族達からは本名の「闘破」で呼ばれる事が多い。
普段は家計を助けるため、アルバイトなどに励んでいる明るい好青年。
妖魔一族や世界忍者との戦いでは時折慢心して失敗する事もあるが、それを糧にして
次の戦いにに活かすだけの強さを併せ持つ。

物語の後半で2300年前にパコを地球に運んだ宇宙人の子孫である事が判明。
磁光真空剣をレーザー刀に変化させる事が可能なのはこの血筋によるものである。

手裏剣戦隊ニンニンジャー

忍びの34に登場。1988年からの27年間に、義父・哲山の跡を継いで戸隠流第三十五代宗家となっている。2015年における年齢は40代半ばほど。因みに、未だ未婚者
年齢は壮年期を迎えているが、その風貌は青年期の頃の面影を残している。ニンニンジャーのメンバーと対面し、和解した際には、天晴を「これくらいの息子がいてもおかしくないのか」と評するなど、自らの年齢を実感する発言もしている。
十六夜流による忍者への風評被害を受けて設立された忍者の名誉を守る会の会長にされそうになり逃げ回っていたところをニンニンジャーと出会う。(その委員会では厳しい規則が設けられていて、これを守るとなるとニンニンジャーたちは人前で忍術が使えなくなってしまうという。)

戦闘力は磁光真空剣を失った後も向上させていったのか、磁光真空剣が無くともニンニンジャーと切り結ぶ腕を見せた。また、磁光真空剣が手元に戻った際には、ほぼ30年越しの磁光真空剣・真っ向両断を披露するなど、技の冴えは加齢による衰えを感じさせなかった。

本人は人の上に立つよりも現場で暴れるのが向いているということだが、上級妖怪コナキジジイとの戦いで的確に天晴を指示してみせた。これをきっかけに若い忍者たちが心置きなく戦えるようにすればいいと気づいた闘破は会長になることを決意。ニンニンジャーとの連携でコナキジジイを倒した後は前線を退き、以降は会長として若き忍者たちの意思を守るための戦いに身を投じることとなった。

関連タグ

メタルヒーロー 世界忍者戦ジライヤ 磁雷矢
忍者スーパー戦隊

pixivに投稿された作品 pixivで「山地闘破」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5132

コメント