ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:石田彰

Dr.STONEのキャラクター。

司帝国」のNO.2。尾張貫流槍術を会得しており「管槍」と呼ばれる特殊な槍を用いる。管槍を装備した際の武力は武器を装備した獅子王司に匹敵する最強戦力。

口調はですます調で、「ちゃんと」から始まる「してます」「しましょう」等の有無を確かめる口癖がある。他人は基本的に「クン(君)」付けで呼ぶなど物腰こそ丁寧を装っているが、物言いは辛辣で無能や凡夫、特に頭が悪い人間などちゃんとしていない人間を見下しており、たとえ部下であろうとも嘲笑いながら「脳が溶けている」などの暴言を平気で言い放つ。

加えて彼らを内心では「使い捨てにしたってどうでもいい連中」と思っており、自身の右腕である紅葉ほむら以外には最低限の仲間意識すら持ち合わせていなかった。それどころか、地表近くに充満した硫酸ミストの毒性を確認するために、避難した樹上から部下を突き落として毒死に至らしめ、さらに彼らの名前もあっさり忘却し、まるで意に介さない危険人物。

一方で、優秀な人間は高く評価し、力付くにでも仲間にしようとする。また、ちゃんとした理由があれば自らの思想とは相反する人間にも協力する。

地形や物事を俯瞰的に見る冷静さや、自身の狂気や慢心をある程度抑えたうえで、相手の手腕や行動などを見つめる理知を持ち合わせ持った切れ者でもある。





悠久の研鑽と


その実は、冷酷さに加え、過激思想の持ち主で、このストーンワールドは無能な人間を間引くための世界だと言い放ち(だだし司のように石像を破壊するのではなく、石のまま放置するという手段を選んでいる)、優秀な人間だけを復活させ、支配するという野望のもと、司から離反。石化から復活した直後の獅子王未来を狙い、彼女を庇わせる形で司に重症を負わせた。

千空・司タッグとの戦闘では司の負傷もあってあと一歩まで追い詰め、司を殺そうとしたが、『壊された通信機のマンガン電池をボディアーマーにする』『マンガン電池をスタンガンとして使用する』という千空の科学力と、槍を掴み氷月の動き止めた司の武力の前に敗北。氷月の救出に来たほむら共々、科学王国の戦闘要員に確保され、拘束の身となる。


関連タグ

Dr.STONE 
獅子王司 管槍槍術
危険人物 覆面 糸目
ニューリーダー病 おまえは何を言ってるんだ


ネタバレ注意











宝島までの船旅の際、武力面での切り札としてペルセウス号の檻の中にほむらとともに収檻され、同行させれられる。
石化王国との戦いの中、檻の中で石化させられてしまうが、恐るべき武力を持つモズへの対抗手段として千空に復活させられる(この際に口元のヒビ痕が消えた)。金狼の金の槍を託され、モズと激突。槍が管槍でなかったことから本気を出したモズに苦戦を強いられるが、千空たちを信じ戦い続ける。氷月が千空たちを仲間と認識した瞬間である。そして、千空たちが用意した竹筒により管槍が完成。科学王国製の管槍でモズを圧倒した。

島全体の石化の直前にはモズと問答し、「ちゃんとするのであれば、尾張貫流槍術はいつでもその門戸を開いています」と答え、もし石化が解かれることがあれば管槍の技術を教えることを約束した。
この台詞は現在の尾張貫流槍術を指南している春風館本部館長の加藤伊三男先生の教えそのものであると、本作品を実際に読んだ関東支部の赤羽根大介氏は語っている。

北米への道中、司の要請で松風たちの武芸指南役として復活。モズとほむらの復活を条件に指南役を引き受け、船旅に同行。北米では、戦略面におけるブレインとしても活躍した。

南米ではスタンリー・スナイダーに腕を狙撃され、負傷してしまう。ブラジル・アラシャでは万全な状態ではなかったが、司、コハクとともに敵の通信機を破壊するための戦いに挑む。しかし、目的達成のためにコハクを庇い、マシンガンによる集中砲火を喰らってしまう。後に司により絶命が確認された。

その後、北米から降り注いだ石化光線により死体が石化。復活液によって死から蘇った。間違いなく既に絶命していた氷月が蘇ったことにより、石化は死をも拒絶することが判明した。

チーム分けで「コーンの街へ戻るチーム」となった氷月は、船造作業に取り組んでいる。

関連記事

親記事

司帝国 つかさていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「氷月(Dr.STONE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122056

コメント