ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:石田彰

名前の読みは「ひょうが」。
「司帝国」のNO.2。尾張貫流槍術を取得しており「管槍」と呼ばれる特殊武器の使い手で、武器を装備した獅子王司に匹敵する戦闘力を誇る。
ただし管槍が見切られて無いことが前提であり、見切る相手がいると勝負の優劣が不明確になる。

口調はですます調で、「ちゃんと」から始まる「してます」「しましょう」等の優無を確かめる口癖がある。他人は基本的に「クン」付けで呼ぶなど物腰こそ丁寧を装っているが、物言いは辛辣で無能や凡夫、特に頭が悪い人間を多分に見下しており、たとえ部下であろうとも事あるごとに嘲笑いながら「脳が溶けている」などの暴言を平気で言い放つ。

加えて彼らを内心では「使い捨てにしたってどうでもいい連中」と思っており、自身の右腕とまで評価している紅葉ほむら以外には最低限の仲間意識すら持ち合わせていない。それどころか、地表近くに充満した硫酸湖由来の毒ガスの有無を確認するためだけに、避難した樹上から配下の兵を突き落として死に至らしめ、さらにその彼らの名前さえもあっさり忘却してまるで意に介さないなど、サイコパス気味の危険人物。

一方で、地形や物事を俯瞰的に見る冷静さや、自分の狂気や慢心をある程度抑えたうえで、相手の手腕や行動などを見つめる理知を持ち合わせた食わせ者でもある。

関連タグ

Dr.STONE 
獅子王司 管槍槍術
サイコパス 危険人物 覆面 糸目
ニューリーダー病 おまえは何を言ってるんだ


ネタバレ注意











氷月


冷酷さに加え、過激思想の持ち主で、このストーンワールドは無能を間引くための世界だと言い放ち(だだし司のように石像を破壊するのではなく石のまま眠らせるという手段を選んでいる)、司を殺そうとしたが、千空と司の奇策に敗れ、その際氷月の救出に来たほむらも科学王国の戦闘要員に確保され、右腕のほむらと一緒に拘束の身になる。

その後龍水率いるペルセウス号に狭い檻の中に入れられ、本人たちの意志とは関係なく船旅に同行されられる。旅先で何らかの力で石化されてしまうが千空たちに復活させてもらうものの、その数分後にまた石化する。
石化の直前に目の前にいると問答し、
ちゃんとするのであれば、尾張貫流槍術はいつでもその門戸を開いています」と答える。
この台詞は現在の尾張貫流槍術を指南している春風館本部館長の加藤伊三男先生の教えそのものであると、本作品を実際に見た関東支部の赤羽根大介氏は語っている。

関連記事

親記事

Dr.STONEの登場人物 どくたーすとーんのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「氷月(Dr.STONE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3665

コメント