ピクシブ百科事典

宮本麗

みやもとれい

宮本麗とは、『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:井上麻里奈

本作のヒロイン。藤美学園2年生。

小室孝の幼馴染。本来は孝より1学年上であるが、とある理由により留年したために現在の学年は同じ。槍術部に所属し、父親からは銃剣術も習っている為、戦闘時には長柄の物を使って勇猛果敢に戦う。

勝気な性格で、精神的に追い込まれたりすると勢いに任せて相手を傷つけてしまう様な発言を思わず言ってしまう等、ヒステリックになりがちな面もある。しかし、根は正義感の強い心優しい人物で、誰かが支えにならないと生きていけないタイプでもある。つまり依存性が高く孤独を恐れているのだが、戦闘時の様子からも、決して誰かに甘えるだけの人物でもない。
麗自身も自分の誰かに依存しがちな面を自覚しており、「女とはそういう生き物である」と、何処か達観している部分もある。

孝とは小学生の頃に結婚を誓い合うほど仲が良かったが、陰謀によって留年に追い込まれた際に口論となってしまい、優しい井豪永に惹かれて付き合い始めていた。その永の死後は、彼のことを引きずりながらも、自身を守ろうとしてくれる孝に惹かれ始めており、彼へ同じ想いを持つ毒島冴子とはよく睨み合いになることがある。また、自身と同じく孝の幼馴染みである高城沙耶からは快く思っていない節があったが、共に危機を乗り越えていくにつれて軟化している。
「奴ら」による蹂躙劇が展開されていく中、目の前で父親を殺害されてしまった希里ありすの事は優しく気遣っており、お姉さんとして親身に接している。

自身の留年に深く関わっている紫藤浩一の事は激しく憎んでおり、再会した際は即座に殺そうとした程であるが、最終的には「殺す価値も無い奴」と見なす事で、考えを思い直し、その姿を見た高城壮一郎からは高く評価され、危険な思想に取り付かれている指導やその一行に追放処分を決定している。

多くの視聴者から「ビッチ」「軽い女」と言われ、偏見を向けられるようにもなっているが、不幸な境遇によって抱えている苦しみや、誰かに依存しないと生きていけない本質、さらには「人間がガチでゾンビ化して暴れまわる」という、悪夢としか言いようの無い極限的状況が、その様に見える行動を取らせてしまうに過ぎない事を考慮すれば、一概にそうとは言い切れない。
また、声優の井上氏も「作中で一番生々しいキャラクター」と評価している事から、麗は登場人物の中でも、最も人間らしく描かれていると好意的に解釈する事も出来、逆に言えば作中の状況で冷静さを保っていられる冴子や沙耶は、人間の域を越える形で描かれていると言えなくもない(特に冴子は、事件が起こる以前から通り魔的な犯行を繰り返し、悦びを見出していた)。

関連イラスト

宮本さん
狙い撃ち
宮本麗
麗「槍術部を…なめるなぁーっ!!」
HOTD7巻まで後6日
宮本麗@H.O.T.D
麗と沙耶
今週のぱんつ107



関連タグ

学園黙示録 小室孝 毒島冴子 高城沙耶 巨乳

pixivに投稿された作品 pixivで「宮本麗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 599575

コメント