ピクシブ百科事典

ブラックザラック

ぶらっくざらっく

ブラックザラックとは、『トランスフォーマー』シリーズのキャラクター。
目次[非表示]

ブラックザラックとは、『トランスフォーマー』シリーズのキャラクター。

超神マスターフォースの概要

CV:銀河万丈

通称:暗黒大帝

デビルZメガザラックの体を強化し、スコルポノックを洗脳した姿。
 アニメでは頭部の人型マスクは仮面であり、内部にヘッドオンすべきスコルポノックは存在せず、トランステクター再生の際部品として取り込まれてしまったと当時の雑誌展開では言われている。スコルポノックは以前のトランステクターを、多くのロボットを部品に建造したという設定があり因果応報といえるが、アニメでは言及がなかった(テレビマガジン連載の漫画版はこの設定に準拠)。総集編ビデオではグランドマキシマスは「哀れ」と言っている。
ただ、近年のトランスフォーマーレジェンズWEB漫画37話において、G1の2021年の設定でブラックザラック付属カラーのスコルポノックが再登場しデストロンを指揮しているところから、何らかの形で単体で再生したとみえる(マスターフォース以後とはパラレルの可能性もあるが)。

 本作では武装に赤い大型のポールウェポン「タイラントスピア」が追加され、格闘戦においても強力となっており、初登場時からゴッドジンライを苦しめた。
 初登場時には人格のない戦闘メカという感じであったが、作品終盤になってから精神体であるデビルZが体内に収まり自らのボディとした(声優もデビルZの柴田秀勝氏へと代わっている)。
 最終話で頭部をゴッドジンライに破壊されるが、変形し二頭竜のような姿となりオーバーロードの体からギガとメガを排除するも、ゴッドジンライの超魂ファイナルファイヤーガッツによって破壊、デビルZも直後滅殺された。

この双頭竜形態はスタッフによると「蛇蝎のごとく」を体現、あるいはデストロンのアダムとイブたるギガとメガを騙した蛇というイメージとのこと。

トランスフォーマーZ

暗黒将軍ブラックザラック


CV:掛川裕彦
 バイオレンジャイガーに従う九大魔将軍の配下、暗黒将軍(漫画では悪霊将軍)として登場。自我はスコルポノックかデビルZかは不明。
 「宇宙を荒らし回る犯罪者」という玩具設定を踏襲してか眼帯をつけて左手に鋏の代わりに鉤爪を装備した、海賊のような出で立ちとなっている。

関連タグ

メガザラック トランスフォーマー

関連記事

親記事

メガザラック めかざらっく

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックザラック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2046

コメント