ピクシブ百科事典

紅孩児

こうがいじ

「西遊記」の登場人物。或いはそれに案を発する様々なキャラクターの名称。
目次[非表示]

概要

西遊記の紅孩児

劇中最強の妖魔・牛魔王とその鉄扇公主羅刹女)との間に生まれたひとり息子。
「紅孩児」は俗称で、号は「聖嬰大王」(せいえいだいおう)と言う。

六百里鑽頭号山(ろっぴゃくりさんとうごうざん)というの、枯松澗火雲洞(こしょうじゅんかうんどう)と言う洞窟に住む。1丈8尺(約5.994m)もある「火炎槍」と言う長槍の使い手。
また、父・牛魔王の住処である火炎山で300年修行し、三昧真火(ざんまいしんか)と言うでは消えないを操る術を会得している。その炎は四海龍王でも全く歯が立たなかった。

三蔵法師を見て食指を動かされ、賊に襲われた子供を装って一向に近づくが、孫悟空には直ぐに正体を見破られてしまった。紆余曲折の末、孫悟空と猪八戒を相手に戦う事になるが、子供ながらその戦闘力は凄まじく、一度は孫悟空も死にかけた程。
最終的には観世音菩薩が刃物の植えられた台座と強力な法力を使って調伏し、自分の弟子として監視下に置く事となる。この時「善財童子」(ぜんざいどうじ)という法名を授かった。その手と頭には悟空のそれに似た輪がはめられているという。

最遊記の紅孩児

2017.1.6 紅孩児誕生日


最遊記の妖怪サイドの主役にしてもう一人の主人公。正義感が強く実直で仲間想いだが、若干堅物な性格。母親である羅刹女への呪縛を解くため、玉面公主が目論む牛魔王蘇生実験に協力し、三蔵一行と幾度となく交戦する。
更に詳しくは紅孩児(最遊記)

関連タグ

リンレイ(のび太のパラレル西遊記)
西遊記 最遊記

外部リンク

紅孩児 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「紅孩児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74146

コメント