ピクシブ百科事典

海底鬼岩城

かいていきがんじょう

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』に登場したアトランティス帝国最後の要塞。
目次[非表示]

概要

 『のび太の海底鬼岩城』に登場する、海底人(人間から進化した種族)が大西洋に作り上げたアトランティス最後の要塞
 1万年前、アトランティスは同じく海底人の作ったムーを倒すために核実験を繰り返していたが、逆に自分たちの張ったバリアバミューダトライアングル)の中で起爆してしまいそのまま滅亡した。その大惨事の中、唯一残ったのがこの海底鬼岩城であり、中枢となる自動報復システム(要するにスーパーコンピューター)のポセイドン(メイン画像中央の生首)が、地殻変動を攻撃と誤認して1万年の時を経て覚醒。「仮想敵」であるムーと全世界を滅亡させようとしたのである。
 海底鬼岩城には巨大な大陸間弾道ミサイル「鬼角弾」が無数に装填されており、ポセイドンの指示により全世界を同時に攻撃することが可能。
 周囲にはバトルシップと鉄騎兵というロボット兵器がウヨウヨ警邏している。

番兵

ポセイドン

CV:富田耕生

 アトランティスの最後の遺産復讐の神」であり、本作のラスボスギリシャ神話の海神の名の通り、ひげを蓄えた鎧武者の生首を模した姿をした巨大なAI
 主であるアトランティス人たちが死滅したことを知ることもなく1万年の眠りから覚め、自然災害を敵からの攻撃と誤認し世界を滅ぼすべく反逆を企てた。エルから「あまり優秀じゃない」と言われている通り、自分の間違いをガンとして認めない、よくあるSF作品の「杓子定規すぎるスーパーコンピューター」である。
 目の部分からはレーザーを放つことができる。

 RPG『ギガゾンビの逆襲』ではギガゾンビにより修復され、海底編のラスボスとして登場する。

バトルシップ

 ハゼのような姿をした無人警邏艇(漁船程のサイズがある)。目から光線を放ち相手を迎撃する。
 『ギガゾンビの逆襲』でも残存兵(もしくはギガゾンビやポセイドンにより作られた個体)が雑魚敵として登場した。こんなもんを一本で倒せとか無茶振りすぎる。

鉄騎兵

 半魚人型の戦闘ロボット。イルカ型ロボットにまたがり、稲妻状の怪光線を放つトライデントで敵を攻撃する。常時ポセイドンの支配下にいるため、映画終盤でポセイドンが破壊されたら糸が切れたかの如く機能停止した。
 『ギガゾンビの逆襲』ではバトルシップより強いという設定で、海底編でも最強の雑魚に登板されている。

関連項目

ドラえもん 映画ドラえもん 水中バギー

pixivに投稿された作品 pixivで「海底鬼岩城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13809

コメント