ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「愚かな虫ケラどもめが。身の程知らずにもアトランチスへ攻め寄せ、ワシを目覚めさせるとは。汝らの滅びの日が来たのだ!!」

CV:富田耕生

概要

アトランティスの最後の遺産であり、本作のラスボス。ギリシャ神話の海神の名の通り、顔半分を覆う兜を被り髭を蓄えた神像の様な姿をした巨大なコンピュータ。
アトランティスが外敵の攻撃を受けた際に鬼角弾(大陸間弾道ミサイル)を発射する自動報復システムの中枢であり、「復讐の神」を自称している。
鬼岩城の内外に配備された無数の鉄騎隊(ロボット兵士)の制御も行っている。

主であるアトランティス人たちが死滅したことを知ることもなく七千年の眠りから覚め、海底火山の活動を敵からの攻撃と誤認し世界を滅ぼすべく鬼角弾の発射を企てた。
映画版でエルから「あまり優秀じゃない」と言われている通り、既にアトランティスは絶滅しており振動や爆発は敵の攻撃ではなく海底火山の活動に過ぎない事を指摘されても頑として認めない、SF作品にしばしば出てくる「杓子定規すぎるスーパーコンピューター」である。
漫画版では自らの攻撃手段の有無は不明だったが、映画版では目の部分からレーザー光線を放つことができる。

ドラえもん達に鬼岩城の場所を探らせる為にわざと鉄騎隊に捕らえられたしずかに、モニターでエルやのび太達が散り散りになって鉄騎隊に敗北し捕らえられる様を見せつけて絶望を味合わせた。
海底火山の噴火が近づくと鉄騎隊に命じてしずかの首を撥ね生贄にしようとしたが、満身創痍のドラえもんが乗り込んできたため処刑は中断。ドラえもんは力尽きて倒れてしまう。
そして、絶望の涙を流すしずかに応えるように、気絶したドラえもんの四次元ポケットから水中バギーが出現。しずかが泣いているのを見て激怒した水中バギーが爆走してくるのを見てレーザー光線で迎撃した(漫画版では鉄騎隊に迎撃させた)が、ボディが破壊されるのも構わず突っ込んできた水中バギーと共にあっけなく爆死した。

その後、海底火山の噴火により主を失った鬼岩城はアトランティスの遺跡共々破壊され、アトランティスは跡形もなく滅亡した。

その他の作品

ハドソンから発売されたSTG『ドラえもん』では海底編、ひいては作品全体におけるラスボスを務める。原作同様しずかを捕えて待ち構え、映画版の様なレーザーではなく岩石を撃ち撒いて攻撃してくる。
エポック社から発売されたRPG『ギガゾンビの逆襲』ではギガゾンビにより修復され、またも海底編のラスボスとして登場する。

余談

演者の富田氏は日本テレビ動画が制作した『ドラえもん』でドラえもんを演じた事があり、新旧ドラえもん声優の対面が実現した。

関連タグ

映画ドラえもん
のび太の海底鬼岩城
水中バギー

関連記事

親記事

海底鬼岩城 かいていきがんじょう

pixivに投稿された作品 pixivで「ポセイドン(海底鬼岩城)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 496

コメント