ピクシブ百科事典

ツェッド・オブライエン

つぇっどおぶらいえん

ツェッド・オブライエンとは『血界戦線』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「下がっていて下さい 人類≪ヒューマー≫」

概要

名前Zed O'Brien / ツェッド・オブライエン
年齢13歳
身長176cm
体重58kg
誕生日2月29日
血液型A型
CV緑川光


血界戦線に登場するキャラクター。元々はヘルサレムズ・ロットの外で血界の眷属と戦っていたが、秘密結社ライブラ本人の意志ガン無視で参入させられた半魚人
初見のザップから「闇雲にスマート。つーか半透明」、「葛餅」と評された。

細身だが、服越しからも分かる通りかなりの筋肉質。半身欠損していたとはいえ、血界の眷属を一人で13時間に渡って拘束し続ける等、高い戦闘力を持っている。半魚人なので、水中が主な生活場所であり、シリンダー型の水槽を私室にしている。

性格は礼儀正しく勤勉で生真面目。常に丁寧語だが意外と抜けたところもある。性格が正反対といえる兄弟子のザップとは仲が悪く(余談だがコーディネートも対になっている:ジャケット⇔ノースリーブ、スラックス⇔カーゴ、革靴⇔スニーカー)、個人的に兄弟子とは認めていない。
それでも有事の際には同門同士息のあったコンビネーションを見せる。

ヘッドホンのようなものを首にかけているが、ヘッドホンではなく鰓呼吸をしているツェッドに地上での呼吸を可能にさせる補助装置“エアギルス”である(彼にとって地上での活動は「一日中逆スキューバダイビングしている」ようなもの)。このエアギルスの形状が幻の超高級試作ヘッドホンとそっくりであったがために、勘違いされた挙げ句奪われてしまったこともあった。

ヘルサレムズ・ロットにおいては珍しくも何ともない人外の存在に見えるが、彼は“伯爵”と呼ばれる血界の眷属が実験によって生み出した魚と人間の交配種であり、この世界でただ一人しかいない種である。
裸獣汁外衛賤厳によって創造主を倒された後に、彼の弟子となって外の世界に出ることとなった。彼からは、ザップ同様修業時代に地獄のようなシゴキを受けてきたものの、尊敬の念は今でも抱いている。

前述の通り創られた存在であるため、いくら周りに友人がいようとも「自分と同じ存在がこの世に一人もいない」という孤独感はどうしようもなく、ふてくされて飲んだくれることも。

半魚人であることと関係があるのか無いのか、生魚が苦手(火を通せば普通に食べられる)。
そしてみんな忘れているようだが、彼は(無理矢理)加入時点でライブラ最年少の13歳である。
よく「少年」とレオナルドの事を言っていたが、こいつの方が少年です。
※この姿で水槽から出た日から数えて13歳。精神年齢は13歳より上。伯爵の話し相手をしている時期を含めた実際に生きている年数は不明。

斗流血法・シナトベ

ザップと同じ師匠である裸獣汁外衛賤厳に伝授された血法。ザップの斗流血法・カグツチと違って属性は風で、刃身は三つ叉の槍の形をしている。

  • 逆さ泡鉢(さかさあわばち) ツェッドが使用した斗流血法応用。水と一緒に頭部を血で覆うことで、専用の呼吸装置が無くても陸上活動が可能になる。ただしかなりシュールな見た目になる。

  • 風編み(かぜあみ) 血液から風を起こす技。ツェッドはこれで蝶の形に切り抜いた紙を舞わせる大道芸を思いつき、時折小遣い稼ぎをしている。

  • 八千劈(やちつんざき) 突龍槍を用いた技であるようだが詳細は不明。

  • 轟天招来(ごうてんしょうらい)
刃身の参拾六・月輪剣から繰り出されるシナトベの奥義。
チャクラムのような輪形の刃を周囲に展開し、局所的な竜巻を発生させる。
その威力は建物を屋内から吹き飛ばすほど。

関連イラスト

ライブラ
つえっお


zedかっこいいよzed
血界戦線9巻発売&アニメ化おめでとうございます!



関連タグ

血界戦線 裸獣汁外衛賤厳 ザップ・レンフロ レオナルド・ウォッチ
ランチトリオ

ランサー(Fate/Zero):中の人が同じ、朱槍使い繋がり
エイブ・サピエンダークホースコミックスアメコミヘルボーイの登場人物。「水色の肌」「人造の魚人」など共通点が多く、作者のTwitterで彼をモデルにしたことが示唆されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ツェッド・オブライエン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5218095

コメント