ピクシブ百科事典

裸獣汁外衛賤厳

らじゅうじゅうげえしずよし

漫画『血界戦線』の登場人物。
目次[非表示]

CV:柴田秀勝

概要

漫画『血界戦線』の登場人物。ザップツェッドの師匠にして、斗流血法創始者。
伝説の火と風の2重属性使いであり、その異名は「血闘神」。

牙狩りと呼ばれる対吸血鬼用秘密結社に属し、10年単位でフラっと姿を消したと思えば、世界各地で吸血鬼こと「血界の眷属(ブラッド・ブリード、BB)」を幾人も始末している。
その強さは作中で人類最強クラスであり、主人公たちが束になっても敵わない血界の眷属と互角以上に渡り合った挙句に滅殺さえしてしまう。
素手でのBBとのただのじゃれあいでも、衝撃で数トン級のポリスーツ、車両が数えきれないほど空を舞い、ビルが粉々に崩壊し瞬時に都市がガレキの山に変わる程。
更には戦闘中に弟子へのお仕置きをする余裕を見せながら片手間にBB(の下半身)にトドメまで刺すという桁違いの実力を見せつけた。

容姿は全身を覆うボロ布を身にまとい、大きなイノシシの頭蓋骨を仮面のように被り、左手に大きな杖を持っている。作中でザップが研鑽のためなら肉体の欠損すら気にしない思考の持ち主と明言していることから、あるいは常軌を逸した研鑽によってか下半身と右腕は失われていると思われ、全身をボロ布で覆い隠していることから後何割生身が残っているかは不明(一応、両目と口は健在している)。
生命に関わる部位は血法で操った血で代用しており、物を掴むときなどは触手のようにして対象を掴む。普段は持っている杖で一本だたらのように直立している。
正確な年齢は不明だが、周囲からご老体と呼ばれたり、ザップの子供の頃からの付き合いを考えるとかなりの高年齢だと予測される。

性格はかなりの毒舌家で暴力的。主人公たちライブラメンバーを「未熟者」と呼び、一番弟子のザップを「糞袋」とこき下ろし、他にも相手を罵倒したり小馬鹿にするような口調で話す。それでいて対人話術に長けるスターフェイズですら把握できない老獪な人柄の持ち主。
ただし、声帯が潰れているのかその声は獣の鳴き声のようであり、ザップとツェッド以外には何を言っているのか聞き取れない。そのため主にザップが通訳としてこき使われる。
(一応自分の声で喋っている場面も原作9巻の鰓呼吸ブルース]でツェッドの回想シーンに存在している)

また、自身が血法によって生命維持している事からダメージに対する感覚が完全に狂っており、五体不満足くらい血法でなんとかなる程度にしか考えていない。そのためにザップにはトラウマになるほどの過酷な修行を課していた。

一方で深慮深く慈悲深いところもあり、自身の斗流血法が自分以外の存在では完全に体得できないことを理解し、弟子にそれぞれ片属性づつ授けることで二人して斗流血法の完全伝承を成そうとしたり、愛玩実験動物でしかなかったツェッドに対して生死の選択を与えるなど、その苛烈な言動に反して相手を思いやる心を持っている。

斗流血法カグツチ・シナトベ

読みはひきつぼしりゅうけっぽう
引火性の火属性血液と、揮発性の風属性血液を体内で混ざらないように循環させ、用途に応じて使い分けたり組みあせて使う2重属性使い。弟子のザップ曰く「人間様のやっていい領域を超えてる」との事。このことから人の領域を超えてしまった元人間という存在である可能性も考えられる。
カグツチ・シナトベは弟子に片属性づつ分派した時に火属性を「カグツチ」、風属性を「シナトベ」と名づけた。

関連タグ

血界戦線 ザップ・レンフロ ツェッド・オブライエン 師匠

関連イラスト

血闘神
・斗流・

pixivに投稿された作品 pixivで「裸獣汁外衛賤厳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 464963

コメント