ピクシブ百科事典

ギルベルト・F・アルトシュタイン

おちゃめしつじ

漫画『血界戦線』に登場するキャラクター。主人公クラウスを支える老執事である。
目次[非表示]

概要

名前Gilbert Franke Altstein / ギルベルト・フランケ・アルトシュタイン
年齢78歳
身長176cm
体重59kg
誕生日9月17日
血液型O型
CVふくまつ進紗(VOMIC) / 小川真司銀河万丈(TVアニメ)


クラウスに従事している老執事。または伝説のコンバットバトラー。浅黒い肌に白髪そして体全身包帯でぐるぐる巻きというミイラ男のような容貌の持ち主で、はっきり言ってクラウス同様のコワモテである。

インパクトのある容姿とは裏腹に温厚で人情味あふれるナイスミドルであり、ライブラメンバーたちからも敬愛されている。主な仕事はクラウスの身の回りの世話やライブラメンバーのサポート、およびライブラの情報部門といった裏方全般を任されている。そしてその仕事を完璧にこなす。

紅茶を入れるのが得意でクラウスは彼の入れたお茶しか飲まないほどである。さらにコーヒーを入れる際のブレンドと焙煎、抽出テクは神業でとてもおいしい。
その一方で他のメンツと某狩りゲーに興じたり、ぎっくり腰をやらかすなど茶目っ気を見せることもある。
ザップですら敬語で話す老紳士であるが、仲間意識が非常に強く付き合いの浅い相手であっても傷つけられると烈火のごとく怒り狂う老戦士でもある。

どんなけがを負っても瞬時に致命傷を回避するほどに体が異常再生する「再生者」と呼ばれる(ただし本当に辛うじて命をつなぐ程度にしか再生せず、そのほかは普通の老人と同じようにしか治らず、痛みも続く)体質の持ち主で、自身のけがを顧みない泥臭い戦法を得意としている。本人の戦闘力はさほどでもないが、ありとあらゆる兵器の操作に精通しており、それらをフル活用できる老獪な戦術で相手を追い詰める。

実は苦手なものが「ネズミ」でザップがおもちゃのネズミを投げた際には顔色一つ変えなかったものの反射的にダシュトシュートへいれ、その後のコーヒーを入れる際の神業に歪みが生じるほど。

関連イラスト

ギルベルトさん
旬



関連タグ

血界戦線 クラウス・V・ラインヘルツ

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルベルト・F・アルトシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 567958

コメント