ピクシブ百科事典

クリュティエ=ヴァン・ゴッホ

くりゅてぃえゔぁんごっほ

『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント「ヴァン・ゴッホ」の正確な真名。
目次[非表示]

※注意※
期間限定イベント『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』と、サーヴァント「ヴァン・ゴッホ」についての重大なネタバレを含みます。

























わたしは、わたしは……!

わたしは、クリュティエで、ゴッホです!


クリュティエ=ヴァン・ゴッホです!!

ゴッホ(FGO)



概要

FGO世界においても男性であったことが明らかとなっているにもかかわらず、少女の姿である事を始め、純粋な英霊ゴッホとしてみるには不可解な点が見られたフォーリナー・ゴッホ。

その実態は、ギリシャ神話に伝わるある女性・クリュティエと混在された複合サーヴァントだった。
ゴッホとしての真名や人物像等はそちらの記事に譲るが、FGO世界においても男性であった"彼"が少女の姿で現界したのはこの為。

同じく複数の英霊を掛け合わせたサーヴァントにはネモ新宿のサーヴァントがいるが、彼女はその掛け合わせのプロセスが粗雑(劇中では「つぎはぎ」と呼ばれていた)であり、結果アイデンティティや人格に重篤な悪影響をもたらしていたのである。

真名

ファン・ゴッホ


クリュティエとは、ギリシャ神話に登場する海神オケアノスと女神ティテュスの娘。
3000もの姉妹であると云われる水のニンフ「オケアニス」の一柱。

彼女はその中で唯一太陽神アポロンの寵愛を受け、相思相愛の恋人となったが、程なくして極めて女癖の悪いアポロンはペルシャ王オルカモスの娘・レウコトエに浮気してしまう。

嫉妬に狂ったクリュティエはオルカモスに虚偽を含む讒言を吹き込み、怒った王にレウコトエを殺させてしまう。
こうして恋敵を死に追いやったが、(自分が先に浮気したとは言え)そんな卑劣な真似をした彼女へアポロンが愛を向けることは二度となかった。
自らの手で、求めていたはずの愛を完全に壊してしまったのである。

それでもアポロンを愛することを止められなかったクリュティエは、彼の化身である太陽を見続け、やがて一輪の花に姿を変えてしまった。

この花はヘリオトロープ(太陽を常に見続ける、の意)だとされ、元々は別の花を指していたがこれが拡大解釈された結果、後世の芸術においてはヒマワリに変わったとされることも多い。
また、ヘリオトロープと呼ばれている花には白い色のものや薄紫の色のものがあり、その色は第二臨や第三臨の彼女の肌の色に似ている。

マテリアルによると霊基の80%は狂気のニンフのものとされている。霊基再臨するとヒマワリやクラゲの意匠が現れたり、その血液が人間のものでは無いのも、その正体がオケアニスの一柱であるクリュティエであったため。

残り15%が虚数由来のブラックボックスで、便宜上の真名となっている画家ゴッホの要素は記憶と画才のみ、霊基のわずか5%に過ぎないという。

経緯

FGOでもたびたび言及されていた「領域外の生命」……外なる神々が、実数空間へ侵攻するための尖兵として用意したサーヴァント。
尖兵とは言ってもゴッホ自身を直接操れたわけではなく、その精神を崩壊寸前にしてノーチラスに放り込むという人間爆弾じみた扱いであった。

「外なる神」である邪神は人類側では対処はおろか認識することすら不可能な存在だが、同時に邪神も世界の外側から内側(実数空間)に直接乗り込むことはできなかったため、虚数空間にその足掛かりとなるもの(邪神が降りるための依り代、あるいは前線基地)の構築を画策していたという。
そして邪神が”足掛かり”として選んだのがフォーリナークラスのサーヴァント、そして彼らが乗り込める虚数潜水艇・ノーチラス号であった。
この作品におけるサーヴァントの殆どは虚数空間と実数空間を行き来できる組織・カルデアとの繋がりをもっていたからである。


邪神(特に、サーヴァントのゴッホを召喚した邪神)が立てた筋書きは、

まずフォーリナーのサーヴァント一体を虚数空間に召喚

次にそのフォーリナーに働きかけ、カルデアが擁するフォーリナー達をノーチラス号に集めさせる

最初に召喚したフォーリナーとカルデアのフォーリナーをまとめて「神化」(≒発狂)させ、自分たちが降臨するための依り代にする

というもの。
画家ゴッホは、その「最初に召喚するフォーリナー」として選ばれた存在だったのだ。

ちなみに、もしこれらの試みが成功していた場合、カルデア陣営はペーパームーンを破棄し虚数潜航そのものを封印するという手段を取らざるを得なかった模様。


史実のゴッホは一向に画家として大成しない己を悔いるあまり、狂気に陥り死を選んだとされている。
しかし本作における彼は「自分の絵画作品が外なる神と繋がってしまい、それを拒んだ果てに自ら命を絶ったのではないか?」というオリジナルの背景がスカサハ=スカディの推察で語られている。

外なる神はその縁でゴッホが持つ宝具「星月夜」が秘める性質に目を付け、上手く利用すれば最も容易に自分たちが降臨する条件を満たせるとして、眷属に変えた彼を召喚しようと試みた。

だがゴッホには上記の自死に基づく制約、即ち「邪神の狂気には絶対に屈せず、万が一そうなりそうなら自殺する」と言うある種の対抗手段的な性質があり、召喚しても肝心の宝具が絶対に開放させられない様になっていたのである。

この事を知って困った外なる神だったが、次に目をつけたのはかつて世紀末の新宿を発端に行われた「複数の霊基をかけ合わせる事で、同じ能力・宝具を持ちながら完全な別人である人工サーヴァント」を作り出す技術であった。

センシティブな作品


そして「猛烈な自罰感情」「太陽を向き続ける花と縁深い」という共通点から親和性があり、なおかつ自死を選ばなかったクリュティエを選別。
彼女の肉体にゴッホの記憶と自認と才能を与えたサーヴァントを作り出すことで、自決のリミッターを封じようとした…というのが事の真相である。

双方の霊基がミスマッチを起こして精神が汚染されていたのも、そもそも邪神からすれば狂ってくれた方が都合がいいからで、性格の相性を無視した掛け合わせは半ば意図的なモノであるといえる。

活躍

外なる神により虚数空間に召喚されたあと、同じフォーリナーである葛飾北斎を「呼び」、虚数空間を改竄、然る後にカルデアに保護される。

その後は血清提供などでカルデアに協力していたものの、探索が最終海域に至る直前、突如自傷行為に走る。
彼女自身は一時的に沈静化していたものの、敵に操られ潜入していた北斎に加え、邪神の狂気にあてられ暴走を始めたマリーンズから自身の真実を聞かされたことがトリガーとなり、フォーリナーとして覚醒。
カルデアから離れた場所での自死を仄めかし、ノーチラスから消える。

その後第5海域で霊体が超巨大化していることが発覚、改竄状態下の虚数空間の性質(形だけでなく本当の意味で碁盤になっており、同一勢力で包囲したエリアの内側はその勢力のものとなる、というもの)を利用したカルデア一行により、霊体内に取り込まれた本体が摘出され、救出される。

ひだまり


この時、同じく複合された存在であるキャプテン・ネモの言葉で邪神を精神的に振り切り、自分がクリュティエであり、またゴッホでもあるという矛盾した存在であることと向き合い、受け入れ、「雅号ゴッホの、ギリシャ出身の小娘」として、生きていくことを決意。

自分を受け入れてくれる場所があると分かったからか性格が多少明るめになり、これまで見せることのなかった心からの笑顔を浮かべた。

その直後裏切った間者によって第二次虚数大海戦が勃発してしまうも、救出される際自身とリンクしていた邪神が撃退されたためか唯一悪影響を受けず、頼もしい味方として事態の収拾を成し遂げた。

全てが終わったあと、虚数空間にあふれ出た余剰リソースで聖杯を生成、虚数空間の復元とノーチラスの帰還に寄与した。
その後現実のカルデアに渡ったようである。本来はそうするつもりはなかったようだが、「触手が抜けなかった」ために事故って引きずられてしまったらしい(本人曰く「ミスって、来ちゃいました」)。ちなみに、事故発生時の台詞がやたら生々しい。

ステータス

ヴァン・ゴッホ(Fate)参照。

宝具

星月夜(デ・ステーレンナフト)


懸けまくも畏き水の司祭よ風の貴公子よ。
夏日星の大輪より一滴ひとしずくの狂気に換えて、今ひとたび星辰を永眠の座へと導かん。
wgah'nagl fhtagn(わっがーなごぅ・ふたーぐん)!
          『星月夜』!

第一宝具にして、邪神達が彼女を作った目的。対象の霊基を精査、改竄する効果を持つ。
これをフォーリナーに対して用いれば、邪神をその身に宿す脅威を簡単に量産できる禁断の宝具である。

ただし、本人が制御できればその逆も可能であり、作中でも強制的に狂気を植え付けられ、覚醒させられたフォーリナーたちを正気に戻した。

また、楊貴妃との最終決戦では、機械の体でありフォーリナーの霊基の影響を受けにくいフランケンシュタインを介してダークホースと霊基を接続、相方の能力と合わせて決着をつけた。
なおこの際、宝具の真名が「シンイェ(恐らく元ネタの作品の中国語における名前だと思われる)」に変わり、口調も相方の方のそれになっている。

黄色い家(ヘット・ヒェーレ・ハイス)

  • ランク:A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~5
  • 最大捕捉:8人


第二宝具。ゴッホの才を開花させる転機となり、ゴッホの夢の破綻の舞台ともなった、南仏アルルの居宅を絵で再現する。曰く、かつてゴッホの手が届いた、もう一つの外なる力
バフとデバフを両立した支援系宝具で、敵に対しては南仏を苛む風・ミストラルの嵐を、味方に対しては手厚い加護を与えるが、一方で呪いも蔓延させてしまう。

タンギー爺さん(リュ・ぺー・タンギー)

劇中証言のみがされた、クリュティエ=ヴァン・ゴッホには使えない宝具。
パリの画商ジュリアン・フランソワ・タンギーをモデルにした肖像画であり、背景に浮世絵のあるジャポニズムを象徴する作品。

楊貴妃が本来とは違う宝具を言う際に使われた物で、彼女が言った効果は描かれた老人や各種題材が動き出すというもの。
ゴッホ本人によると、彼女的に割と穏やかな時に描いた作品であり、邪神は興味が無かったため使用不能であるそう。
二作品があるがどちらが使われるかは不明。

関連人物

元来無関係な幻霊を掛け合わせたサーヴァント。
ただしこちらは、「ヘシアン」と「ロボ」双方の意識が潰し合う事なく共存しており、ゴッホの在り方とはやや異なる。

複数の英霊(神霊)が複合された存在。ラムダ曰くゴッホもクリュティエも格は低くはないらしくハイ・サーヴァントにも似ているという。

父・北斎と娘・お栄が同じ浮世絵師で高名だったため融合を果たした父娘ユニットサーヴァント。

生前恋をしたとされる神。ただし、クリュティエ=ヴァン・ゴッホはゴッホとしてのアイデンティティしか持っていない為、特に関心は起きない模様。

関連タグ

ニンフ ギリシャ神話

関連記事

親記事

ヴァン・ゴッホ(Fate) ゔぁんごっほ

pixivに投稿された作品 pixivで「クリュティエ=ヴァン・ゴッホ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21156

コメント