ピクシブ百科事典

ガンダムMk-Ⅲイグレイ

がんだむまーくすりーいぐれい

ガンダムMk-Ⅲイグレイは、ムック『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』に登場するモビルスーツ(MS)。地球連邦軍の試作型ガンダム。
目次[非表示]

機体データ

型式番号RX-166
所属地球連邦軍
開発地球連邦軍キリマンジャロ基地
生産形態試作機
全高31.4m
頭頂高20.6m
本体重量52.1t
全備重量88.0t
出力2,010kW
推力112,600kg
センサー有効半径12,900m
装甲材質ガンダリウムγ
固定武装ビームサーベル、60mmバルカン砲×2(オプション)
携行武装ビームライフル、ハイパーバズーカ×3、シールド


概要

型式番号RX-166
ムック『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』に登場する地球連邦軍の試作型モビルスーツ(MS)。初出は「モデルグラフィックス」1985年11月号。『GUNDAM WARS』第2巻に相当する『MISSION ΖΖ』でも設定が掘り下げられている。

ガンダムMk-Ⅱムーバブルフレームの性能に注目した連邦軍キリマンジャロ基地の開発グループが、ティターンズから提供されたMk-Ⅱの設計図(Mk-Ⅱは1号機、2号機、3号機の3機ともエゥーゴに奪われたため、ティターンズまたは連邦軍に実機と詳細なテストデータは残されていない)を基に開発したアドバンスド・バージョン。Mk-Ⅱの直系後継機に当たる。
装甲がガンダリウムγに換装されたため、本体重量がガンダムMk-Ⅱより軽減され、その為にオプション兵装をより多く装備できるようになった。
また、背面の大型バックパックには、ウェポンマウントラッチとともに宇宙空間用の高機動型スラスター・ユニットを備えている。

外観は、同様にMk-Ⅱの後継機として開発されたエゥーゴのガンダムMk-Ⅲに類似しているが、よりMk-Ⅱ寄りのデザインとなっている。
一説にはコア・ファイターを搭載していた可能性も挙げられている。

ガンダムMk-Ⅲ“イグレイ”は試作機3機が製造されたが、カラバのキリマンジャロ襲撃戦によって研究データとともに全機が失われたため、開発継続が不可能となり試作のみに終わっている。ただし、同基地製のバイアランに技術は受け継がれている。
なお、型式番号の「166」は、キリマンジャロ基地の開発機の中で6番目に承認されたことを意味する。

また、「B-CLUB」誌に掲載された短編漫画『IRON HEART』には、連邦軍またはティターンズ所属のガンダムMk-Ⅲが登場し、アムロ・レイが率いるディジェ3機と交戦しているが、この機体とイグレイの関連性は不明。

関連タグ

ガンダムMk-Ⅱ ガンダムMk-Ⅲ
ガンダムMk-Ⅲハーピュレイ
プロジェクトZ 小田雅弘 藤田一己
射駆零 - 『SD戦国伝』シリーズに登場する、イグレイをモデルとしたキャラクター。

関連記事

親記事

ガンダムMk-Ⅲ がんだむまーくすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガンダムMk-Ⅲイグレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1062

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました