ピクシブ百科事典

超ゴジラ

ちょうごじら

超ゴジラとは、1993年に発売されたファミコンゲーム、及びゲーム内に登場するゴジラのパワーアップ形態である。
目次[非表示]

概要

VSシリーズを題材にしたゲーム。

ゴジラを操作することで、キングギドラメカゴジラといったライバル怪獣たちを倒していく。
内容は「移動モード」というシミュレーションパートと「バトルモード」という対戦格闘パートの二つがあり、移動モードでゴジラを操作してビル戦車などを壊しながら進軍し、敵の怪獣にたどり着くとバトルモードに移り、闘争本能ゲージというパラメーターを読み取りながら相手にパンチを当て、後退し距離を取ることで「尻尾」「頭突き」「放射熱線」「スーパー放射熱線」といった四つの必殺技を当てていき、相手怪獣のヒットポイントをゼロにすれば勝利となる。

セーブ機能はないが、裏技を使えばステージセレクトとコンティニュー×99が可能。

ストーリー

西暦199X年。大阪にキングギドラが出現した。
これは地球侵略を企む異星人による日本攻撃宣言だったのだ。防衛庁は、日本海で眠っているゴジラの頭脳に、科学者尾形博士の開発したコントロールボックスを打ち込むことで遠隔操作に成功する。主人公はスーパーXに搭乗し、内部にあるコントローラーを操作することでゴジラの闘争本能を制御し、宇宙人の侵略に立ち向かっていく。

登場怪獣


ゴジラ
御存じ怪獣王。本作では頭にコントロールボックスを打ち込まれている為人類の味方。

キングギドラ
ステージ1のボス。

メカゴジラ
ステージ2のボス。なのだがグラフィックは平成版で鳴き声のみ昭和版。

ビオランテ
ステージ3のボス。防御力が異常に高く、「じゅえき攻撃」というチート技を持っている為多くのプレイヤーが挫折した。

バトラ
ステージ4のボス。素早いためパンチが当てづらく、必殺技もスーパー放射熱線以外通用しない。

メカキングギドラ
ステージ5のボス。ワイヤーアンカー攻撃が素早いため、速いコマンド入力が求められる。メカキングギドラ撃破後、度々表示されるパラメーター「東京破壊度」によって展開が変わる。

超ゴジラ

スペースゴジラ×スーパーゴジラ


終盤に登場するゴジラのパワーアップ形態。
ゴジラにキングギドラの細胞を取り込ませ、超多量のエネルギーを蓄えさせることにより変身可能になる。
攻撃力・防御力どちらも向上し、移動モードで受けるダメージはゼロになるが、怪獣と戦ってエネルギーを使い果たすと変身が解けてしまう。
メカキングギドラ戦とバガン戦でのみ使用可能。尋常ならざる強さであり、メカギドラでは全く相手にならず、通常のゴジラでは全く勝ち目がないバガンを倒す唯一の手段である。
後に登場するスペースゴジラのデザイン原案として有名。
ゴジラの二次創作小説ではバーニングゴジラをも超える最強の形態として登場する場合が多い。作品によっては神を凌駕する伝説の姿として登場していたりする。

魔獣バガン

伝統的なバガン


本作のラスボス
古代の中国に飛んだ宇宙人が、陸海空を司る伝説の怪獣バガンにゴジラ細胞とギドラ細胞を掛け合わせることによって誕生したハイブリッド
ラスボスなだけあってチート級の強さを誇り、しかもある条件を満たしていないと通常ゴジラで戦う羽目になってしまう。
攻防ともにゴジラをはるかに上回り、ゴジラの攻撃だとバガンは一桁しかダメージを受けないのに、バガンはゴジラを容易く瞬殺してしまう。
映画で例えるとFINAL WARSでのゴジラとその他大勢くらいの実力差があり、通常ゴジラで挑むことになったプレイヤーはゴジラが雑魚怪獣の用に蹴散らされる光景を見る羽目になる。
しかしゴジラが超ゴジラになるとバガンですら相手にならず簡単に倒せる。一体超ゴジラはどれほど強いのだろうか…
元ネタはバカン及びバガン(漢字だと馬銜)という没怪獣。「ゴジラ(84年版)」での対戦怪獣だったり「モスラVSバガン」という映画が企画されていたりしたがどれも没になり、最終的に「モスラVSバガン」でのデザイン案をゲームに流用ということで落ち着いた。
それ故二次創作ではモスラとの因縁が描かれる場合が多い。

宇宙人
地球侵略を企む謎の宇宙人。
大型のマザーUFOや小型UFOを操りシミュレーションパートに登場する。

関連タグ

ゴジラシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「超ゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11487

コメント