ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゴジランド

ごじらんど

ゴジランドとは、ゴジラシリーズを題材にしたアニメ作品、およびバラエティ番組のことである。
目次 [非表示]

概要

1990年代にゴジラを題材としたアニメ「すすめ!ゴジランド」とバラエティ番組「冒険!ゴジランド」が製作されていた。この記事ではゴジランドという一つの記事にまとめて、それぞれの作品の詳しい概要について記述していく。

すすめ!ゴジランド

学習研究所が東宝の協力のもと製作した幼児向け知育アニメ。アニメ放送はしていない所謂OVA作品。1994年と1996年に発売された。

ゴジラを始めとしたゴジラ怪獣たちが可愛らしくデフォルメされている。ゴジランドという島に住むゴジラたちと一緒に、平仮名などの基礎的な勉強を学ぶという内容。

1996年版の一部の場面では実写パートも盛り込まれているが、オープニングでゴジラが軽快に踊っていたり、ホットケーキを焼いていたりと視聴者の腹筋を破壊しにかかっている。さすがは怪獣王。

全部で4作品が発売された。作品は以下の通り。

  • よめるよ かけるよ ひらがな(1994年)
  • かぞえられるよ かず1・2・3(1994年)
  • ゴジラとあそぼう たしざん(1996年)
  • ゴジラとあそぼう ひきざん(1996年)

ちなみに、文房具などの商品展開も行われていた。


登場キャラクター

CV:三田ゆう子

本作の主人公。体色は緑色。やんちゃな男の子でいたずらっぽいところがあるが、友達想いである。特にアンギラスとは一緒にキノコ探しをするなどとても仲が良い。

口から火炎放射を吐くことができ、時間があるときは練習もしているらしい。なお、歴代ゴジラが吐く放射能熱線と同じものかは不明。

モスラが書いた手紙が読めなかった(ひらがなが分からなかった)など、怪獣達の中ではかなり頭が悪い方ではあるが、一度覚えれば理解は早い方ではある。

実写パートに登場するゴジラによると、ゴジランドのゴジラは昔の自分自身のことらしく、そこで足し算などを学習したと述べている。


  • ゴジリン

CV:岡村明美

1996年版から登場。のゴジラで、ゴジラのガールフレンド。ピンク色の体色でハート形の背びれが特徴。ゴジラから好意を持たれているが、本人は気づいていない模様。美容に気を遣っていたり、花壇の世話をするなど女の子らしい趣味がある。

優しい性格ゆえ他の怪獣からも好かれている一方、ゴジラが二人で分けようとミカンを持ってきてくれた際、一人で勝手に全部食べてしまうなど食い意地が張っている面も見られる。


CV:伊倉一恵※1994年版は「伊倉一寿」名義で出演。

蛾の怪獣で性別は雌。ゴジランドの怪獣たちにとっては母親のような存在であり、彼らに色々なことを教えてくれる他、喧嘩の仲裁に入るなどしっかり者であり、怪獣たちの中では年長者であることが窺える。周りからは「モスラさん」と呼ばれている。

幼虫2匹の子育ての傍ら趣味でイチゴの栽培もしており、収穫したイチゴを怪獣たちに振る舞っている。


CV:岩男潤子(1994年版)・愛河里花子(1996年版)

背中に大量のトゲが生えている怪獣。ゴジラと仲が良く、一緒に行動を共にしていることも多い。喧嘩もするが、すぐに仲直りする。(因みに喧嘩の原因は1996年版のたし算編ではゴジラがアンギラスの足を齧ったからであり、完全にゴジラが悪い。そして1994年のひらがな編ではアンギラスが何もしていないのに火炎放射をしており、その理由も『アンギラスが逃げるから』と言う理不尽極まりないもの)。一方でゴジラのために誕生日パーティーを開いたこともあるが、肝心のゴジラの分のケーキを買い忘れており、こっちもこっちで大概である(一応悪いと思って自分の分のケーキをゴジラにあげようとしていたが)。ゴジラと喧嘩した際、その様子を見ていたメカゴジラに誘拐されたことがある。

ゴジラと同じく頭はかなり悪いようで、モスラの書いた手紙が読めなかったり、ケーキの数を間違えている。


CV:岡村明美・稀代桜子・愛河里花子

三つ首の怪獣。それぞれの頭に一郎、次郎、三郎という名前がある(特撮撮影時にスタッフがそれぞれの頭にこのようなニックネームをつけていたことに関する小ネタ)。基本3頭(?)の仲は良く、ほとんど喧嘩はしないが、ゴジラの誕生日にアンギラスが用意したケーキ一個を3つの首それぞれ自分の物だと取り合って喧嘩になりアンギラスを困らせた。

1994年版では出番があったが、1996年版では何故か出番がなくなっている。


CV:長沢美樹

大きな耳と鼻の上の角が特徴。地面に潜ることが得意でのんびり屋な性格。地中で寝ていた際、地面に出ていた自身の尻尾をタケノコと勘違いして引っこ抜いたゴジラに無理矢理起こされ、愚痴を漏らしていた。


CV:稀代桜子

1996年版から登場。いたずら好きで、アンギラスを誘拐したりするなどみんなを困らせることもあるが、根っから悪いヤツではない。

足からのロケット噴射で空を飛んだり、鼻から火炎放射を吐くことが可能。デザインは昭和シリーズ版のものが元になっている。


CV:愛河里花子(1994年版)・柳原みわ(1996年版)

翼竜のような怪獣。超音速で飛行することができる。競争心が強く、モスラからの招待状を受け取ったときは、一番乗りになろうとした。


CV:なし

1996年版から登場。オープニングには登場するもののこれと言った活躍はなく、CVも当てられていない。メカゴジラと同じく、デザインは昭和シリーズ版のものが元になっている。


CV:なし

1996年版から登場。モゲラと同じくオープニングには登場するものの、これと言った活躍はしていない。アニメに登場する怪獣の中では、一番実写の原型を留めている。


  • ゴジラ(実写)

CV:坂東尚樹

1996年版の実写パートのみ登場。話の冒頭と終盤に登場する。等身大で登場しているだけでもシュールなのに、普通に喋る。それもわりかしフレンドリーな口調で。喋るだけに留まらず、視聴者の予想斜め上を行く行動を次々と起こす。怪獣王は仕事を選ばないということか・・・?

冒険!ゴジランド

テレビ東京系列で1992年の10月1日〜12月24日(第一期)、1993年の10月7日〜12月30日(第二期)の間放送していたバラエティ番組。全26回が放送された。

ゴジラシリーズを取り扱った番組で、司会はラサール石井が担当していた。

所謂ゴジラ版ポケモンサンデーのような番組であり、ゴジラに関する情報コーナーやゴジラに結びつけたクイズや謎かけなどを放送していた。第一期は幼児向け番組としての側面が強かったが、第二期からバラエティの作風へと変化していった。

なお、上記のアニメ版ゴジランドのゴジラが番組のマスコットとして扱われていた。


挿入歌

  • ゴジラ・ソファミレド 唄:ラサール石井

曲に合わせて、ラサール石井やエキストラの方々が楽しく踊っているのだが、ここでも自重しない怪獣王。

  • 悲しみのゴジラ 唄:ブカブカ

本番組のエンディングテーマ。

関連動画

すすめ!ゴジランドOP



冒険!ゴジランド

関連タグ

ゴジラ ゴジラシリーズ アニメ



公式が病気

関連記事

親記事

平成ゴジラ へいせいごじら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36104

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました