ピクシブ百科事典

毒竜のコブラ

どくりゅうのこぶら

「FAIRY TAIL」に登場する第二世代滅竜魔導士。
目次[非表示]

概要

CV:伊丸岡篤

 本名エリック六魔将軍の一人であり、体に魔水晶を埋め込まれた第二世代滅竜魔導士。逆立った茶髪を思わせる鋭い目や牙が特徴的な青年。エルフのように大きい。
 幼い頃に黒魔術教団に捕えられ、楽園の塔奴隷として働かされていたが、そこで持つ毒蛇キュベリオスと出会う。後にブレインに引き取られ、彼の養子として他の六魔と共に育った。
 荒々しい性格だが戦闘バカだらけのFTにおいては(後述の能力もあって)割と冷静であり、興味を示さないものに対しては極めてゾンザイな扱いを取る。

活躍

第1部

 の能力を用いてエルザに致命傷を与え、動き出したニルヴァーナへの妨害を行ったナツへの迎撃に向かう。キュベリオスとのタッグナツハッピーを追い詰めるものの思いもよらぬ方法でとてもあっけなくやられてしまい、ブレインからは口では「よくやったぞコブラ」と言わしめたものの心の声に侮蔑しか込められていなかったことを聞き、涙しながら倒れた。その後、駆け付けた評議員に逮捕されたようだ。
 彼の祈りは「ただ相棒の声を聴きたかった」というもの。

第2部


 ものの、アニメオリジナルストーリー「星空の鍵編」にて新生六魔将軍の一人として登場した。この時には右目に傷がある。
 いずこへと去ってしまったキュベリオスとの別れに深い哀しみを覚え、戦闘力が遥かに成長した。
 無限城でマックスエバーグリーンを撃破し、エルザをも追い詰めるものの、戦いの最中にキュベリオスの声を聴き動揺したスキを突かれ、エルザに突き落とされてしまう。
 はるか上空から地上に落下していく中、コブラはキュベリオスが今どこにいるかを悟っていくのだった…。

 原作でも第2部終盤の竜王祭において久々に登場。
 一時的な仮出獄ではあるが七竜討伐に力を貸している。事件解決後は「キュベリオスの声も聞けたしな」と独白しているが、これは前述の星空の鍵編のエピソードを踏まえたものである。
 その後、かつて六魔と共にバラム同盟を結成していた冥府の門が評議員を襲撃すると、冥府の門に対する情報を吐くのと引き換えに六魔全員の釈放を持ちかけ、正式に出獄。六魔たちを手駒としか思っていないブレインの心の声を聴くと即座に彼を始末した。直後に逃走を咎めたジェラールを邪魔だとばかりに殺しにかかるも逆に説き伏せられ、他の六魔と共に魔女の罪に帰順した。

 妖精の尻尾解散後を描いたミッシングリンク「FAIRY TAIL外伝」ではルーンナイトになったガジルに一時期狙われるも、とある事情で一時的に共闘することとなる。 

第3部

 移動神殿オリンパスに乗ってスプリガン12との対決にはせ参じたのだが、ラクサス同様乗り物酔いの症状が出るようになっていた。
 戦場に向かう途中でアイリーン・ベルセリオン土地シャッフルしたため、エンジェルとは離れ離れになってしまった。

 終戦後はヒスイ・E・フィオーレの王位継承に伴い恩赦が下され、『魔女の罪』自体が正規ギルドに昇格。キナナと交際していることが彼女の口から語られた。

能力

「聴く」魔法
 相手の心の声を聴く。人間のみならずエクシードや蛇の声も聞けるので、人間程度の知能があれば可能と思われる。この能力は相手の思考を完全に聞き取る力なので「『右に行く』と考えながら左から攻撃すれば…」と考えていてもそのまま筒抜けになってしまう。無論、エッチなことやジョークを考えながら戦おうとしても同じことである。

毒の滅竜魔法
 他の滅竜魔導士同様、病原体を食ってパワーアップする(ナツ曰く「身体に悪そう」)。戦闘時には腕などが爬虫類型に変形するのが特徴。

超振動魔法
 星空の鍵編で使用。「聴く」魔法の応用発展型の攻防一体魔法。
 聴こえた音を何百倍もの爆音衝撃波)に変え、全方位の相手を撃滅する。勿論自分自身には何の影響もない。

関連項目

FAIRYTAIL 毒属性 読心
レーサー ホットアイ ミッドナイト エンジェル
ウェンディ・マーベル スティング・ユークリフ ローグ・チェーニ

コブキナ

pixivに投稿された作品 pixivで「毒竜のコブラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240

コメント