ピクシブ百科事典

スティング・ユークリフ

すてぃんぐゆーくりふ

スティング・ユークリフとは、「FAIRY TAIL」に登場するキャラクター(メイン画像手前)である。
目次[非表示]

概要

CV:櫻井孝宏

剣咬の虎」最強の5人のうちの1人である。双竜の片割れで、「白竜のスティング」の異名を持っている。
外見は金色の髪で、右こめかみの傷に左耳のピアスが特徴となっている。
白竜バイスロギアから「滅竜魔法」を教えられて、体内に滅竜魔法の魔水晶を埋め込んだ第三世代の滅竜魔導士で、自力でドラゴンフォースを発動することができる。
基本的にマイペースで朗らか。いい加減ともとれる言動もみられるが、根は割と繊細らしく、特にレクターや作中に(直接ではないが)酷な思いをさせたユキノに対して、複雑な感情を覗かせる。また、ナツやガジルほど粗暴ではないが、仲間の危機が絡むと激しい憤怒の感情を見せる。

かつてはナツ・ドラグニルに憧れていたが、現在は自分の力を過信しており、彼を見下した態度を取っている。また、実力があるのは間違いないが、仲間意識は希薄で冷酷非情な考えを併せ持っていた。しかし、レクターに対しては思いやりのある一面を覗かせている。肝心の大会では

  1. 戦車→最下位
  2. タッグバトル→1人に完敗
  3. チームバトル→降参…
と言う有様だった。
タッグバトル後、ローグと共にジエンマに怒りの制裁を下されるが、彼がレクターを消したことにより、下克上のような形でジエンマを半殺しにする。
その後、ミネルバがレクターを殺される直前に転送魔法で避難させたため、レクターは生きていると知り安堵するも、そのままレクターを人質に取られ、レクターを取り戻すために大魔闘演武で優勝することを誓う。
最終日では「四つ首の番犬」のバッカスを倒す。
その後、自分なりの信念を示すべく、一時的に身を潜めた後単身で妖精の尻尾メンバーを全滅しようとするも降参した。
その後、戻ってきたレクターと涙ながら再会。この頃にはジエンマによって植え付けられた非情さも霞み、仲間や他のギルドにも明るさと情を見せるようになった。
大魔闘演武終了後は竜を倒すために協力し、ドラゴンの力に圧倒されるが、ナツの言葉で「仲間を守る勇気」を持つようになる。
大舞踊演踊では、マスターが不在になったギルドを作り直す決意をした。
性格も以前よりも明るくなった。現在は「剣咬の虎」のマスターとして活躍している。
冥府の門編ではエルザからの手紙を受けローグ等と共に登場し、かつての剣咬の虎マスターだった
ジエンマと交戦。自らの凶行で半死したことを省みないばかりか、以前にも増して性格が悪化した元上司に、自分のギルドのメンバーを傷つけた落とし前をつけるべくローグと連携し、処断した。
アルバレス帝国編ではレクターの呼びかけに駆けつけ、ラーケイドと交戦する。ローグの影を食らい白影竜となるがラーケイドの「R・I・P」に苦戦。しかし、ローグの助言、カグラの助力により勝利する。

白の滅竜魔法

白竜の咆哮
口からレーザーのようなブレスを放つ。

白竜のホーリーブレス
広範囲にブレスを放つ。

シャインドライブ
魔力増幅の魔法

モード白影竜(モードはくえいりゅう)
ローグの影を食らい、自身の光属性にローグの影属性が融合した状態。発動すると右半身が白、左半身が黒い紋様に覆われる。右手で自分の光の力、左手でローグの影の力が使え、ローグ同様自身の体を「影」と化すことで移動が可能。未来のローグも未来のスティングを殺して力を奪うことで使用している。
白影竜の絁(はくえいりゅうのあしぎぬ)
右指先から光、左指先から影の閃光を四方八方に走らせ相手を切り刻む。「冥府の門」との戦いではローグと共に使用した。

関連イラスト

165話のスティング君がけしからん



関連タグ

FAIRY TAIL スティング・ユークリフ セイバートゥース 剣咬の虎 ナツ・ドラグニル レクター

pixivに投稿された作品 pixivで「スティング・ユークリフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 315051

コメント