ピクシブ百科事典

ミネルバ・オーランド

みねるばおーらんど

「ミネルバ・オーランド」とは、『FAIRY TAIL』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:井上喜久子

剣咬の虎」ギルドマスターのジエンマの娘。
ギルド最強の五人のひとりであった。

左腹部に青い紋章がある。
古風な口調が特徴で、自信に満ちた態度と高圧的で残虐な性格をしている。だがその性格は、幼い頃から強さを求める父にスパルタ教育を施されたことに起因している。ただ、自身よりも高圧的すぎる父に代わって、ある程度ギルドの体裁を保てるよう交渉する柔軟性もあり、良心と清濁の折り合いをつけた駆け引きを(辛うじて)こなせるブレインでもある。
スティングがジエンマに暴行を振るい彼に重傷を与えた際にはこれ幸いとばかりにスティングをギルドマスターに担ぎ上げ、ジエンマの魔法から救ったレクターを隠し「返してほしければ、妖精の尻尾を倒し大魔闘演武で優勝しろ」と命じた。
明くる大魔闘演武最終日ではエルザカグラと三つ巴の怪獣大戦争を繰り広げるも、人質を取って二人を潰し合わせるという手段に出たことで激昂したエルザに粉砕される。

その後、エルザへの復讐心に身を焦がしセイバートゥースを脱退。闇ギルド「夢魔の眼」に加入し暗躍するも、再び妖精の尻尾に邪魔され、上部組織である「冥府の門」で悪魔ネオミネルバ」に改造される
フェイス起動を目論む冥府の門に加担し、殴り込んできたエルザを三度迎え撃つも、彼女との戦いの末に人間性を徐々に取り戻していき、冥府の門を抜ける。フェイス発動が迫る中、自身を改造した張本人である九鬼門首領のキョウカにより激痛魔法を受け苦しめられるが、エルザがキョウカを打ち破ると半死半生の彼女に変わりキョウカを日本刀で刺し貫いてとどめを刺した。
「冥府の門」壊滅後はポーリュシカ治療を受け、人間に戻る。そしてスティングやローグの懇願もあり、セイバーに再び舞い戻ることとなった。

外見に見合わず料理が上手く、普段はそうでもないが食う時は食う、そして恐ろしいほど速く痩せる(悪魔因子の影響だろうか?)。

アルバレス帝国侵攻の際にはセイバーのメンバーと共に敵兵相手に獅子奮迅の戦いぶりを見せるも、スプリガン12により敗北し捕えられてしまった。解放後、ローグと共にアイリーンのユニバース・ワンに巻き込まれて飛ばされてしまい、二人でセイバーのアジトに向かおうとしたところをラーケイド・ドラグニルに襲撃される。
その際、ローグ共々ラーケイドの快楽魔法でヒイコラ言わされていたのだが、本当にそういう経験があるのかどーかは不明。(前述のスパルタ教育の内容が殆どその類の暴力行為になってしまっているが…)

能力

ヤクマ族に伝わる古代言語を使用した強力な魔法を使用する。たった一人で双竜コンビに匹敵するほどの戦力を有しているらしい。


関連イラスト

Minerva Demon
米涅芭


fairytail
:ミネルウァ



関連タグ

FAIRYTAIL フェアリーテイル 剣咬の虎 夢魔の眼 ジエンマ 
巨乳 敵女

ログミネ

才虎芽斗吏:「斉木楠雄のΨ難」の登場人物。父親の教育により、金が全てという考えを持つようになり(彼女の場合は力)、外道へと育ってしまった権力者。仲間との友情に気付いた点が共通。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミネルバ・オーランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90462

コメント