ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ラーケイド・ドラグニル
26
ラーケイド・ドラグニルは『FAIRYTAIL』の登場人物。

「白き魂は自由なる空へ」


CV:小野賢章


概要

スプリガン12の一人。左肩に国の紋章がある。


ゼレフと似た風貌の金髪の青年で、常に合掌しながら微笑を浮かべている。額に白い十字架模様があり、背中にも巨大な十字架のようなものを背負い、はだけた左腕に数珠が付いている。「スプリガン12」の招集にはいつも応じない為、オーガストからは冷たい態度を取られている。


ゼレフ曰く、アクノロギアを倒す可能性さえ持っている「秘密兵器」であり、メイビスからは「異質」と評され、オーガストやアイリーンと共に「スプリガン12」の中でも特別だと自称している。


アルバレス帝国に潜入していたマカロフは前述の召集率の悪さが原因か、彼の存在を知ることが出来なかった。


魔法

性欲・食欲・睡眠欲といった人間の3つの欲を与える魔法を扱う。

性欲

強烈な後光を放って相手に凄まじい快楽をもたらし魂を昇天させる。その快楽を知る者そうでない者で効果には有無があるが、効かない者にも複数の光の触手で縛ることで快楽を与える。

前者は「快楽の味」を知るものにだけ効果が現れ、極めて広範囲に影響を及ぼすことが出来るが、条件を満たしていると敵味方関係なく影響を及ぼしてしまう欠点がある。実際、作中ではアイリーンやゼレフにも影響を及ぼした。

なお、この魔法を受けた者の反応は以下の通り。

効果あり効果なし

後者は対象者が「快楽の味」を知ってるかどうかを問わず効力を発揮するが実体を持っているのか破壊することが可能で前者に比べ妨害されやすい。また触手は白色なのでスティングなら食べることが可能。

カグラ曰く「下品な魔法」だがフローもそーもう。

食欲

悪食の魂。特殊な札を用い、周囲の者が食べ物に見えるほどの空腹感を与える。

睡眠欲

R・I・P(レスト・イン・ピース)。特殊な札を用い、傷口を抉っても抗えない眠気を与える。これは永眠の魔法で、掛けられた相手が目を閉じると永遠なる死の眠りにより最期を迎える。

ちなみにアニメ2期のOP曲「STRIKE BACK」のサビにも同じフレーズがある。


正体と末路(ネタバレ注意!)

本人は「ゼレフの息子」と名乗っているが、実際の正体はゼレフ書の悪魔エーテリアスナツを創るための実験体の一つとして生み出され、最も出来が良かったことからナツやゼレフと同じ「ドラグニル」の名を気まぐれに与えられた。ちなみに本人は一切そのことを知らなかった。

また、この真相は他のスプリガン12メンバーすら知らなかったらしい。


帝国の侵攻の際には自身とアイリーン、ブラッドマンの3人で剣咬の虎青い天馬の連合を全滅に追い込んだ。アイリーンの命を受けて妖精の尻尾メンバーを加えて再起した連合軍の迎撃にあたろうとしたところで、彼女の魔法により別の場所に飛ばされてしまう。その際にウェンディたちに敗れ捕虜となっていた同僚のディマリアを救出し、フェアリーテイルギルドにて他メンバーと合流した。


フェアリーテイルギルドの攻防戦では当初は動かなかったが、スプリガン12のメンバーが次々に倒れていくのを見かねてついに出撃。快楽の魔法を放ってフェアリーテイル陣営の大半を瞬く間に戦闘不能に追いやる。魔法が効かなかったが突然の事態に混乱しているユキノに目をつけ、白い触手で彼女を昇天させようとし、それを阻止すべく現れたカグラをも素手で一蹴してしまう。助太刀に現れたスティングに対しても、快楽魔法が効かないと見るや食欲の魔法と自身のスペックの高さですぐに追い詰めたが、ミネルバの魔法でユキノと入れ替わりで現れたローグの影を食べてスティングが白影竜になったことで、ラーケイドも切り札のR・I・P(レスト・イン・ピース)を発動する。しかしローグとカグラの協力によって眠気から解放されたスティングの「白影竜の絁(あしぎぬ)」を受けてついに倒された。


しかし生きてはいたようで、満身創痍で歩けずに這いずりながらもナツとゼレフの決戦の場となったフェアリーテイルギルドに辿り着く。不意を突いてナツを眠りに落としてゼレフをアシストしようとしたが、これがゼレフの逆鱗に触れ、逆にラーケイドの方が致命傷を負わされてしまう。

そして前述の正体が明かされたのち、ゼレフに自分に息子などいないと自身の存在そのものを全否定されてしまい、それでもなおゼレフを父と呼び縋ろうとするも容赦なく消滅させられた。


なお、ラーケイド自身は口にしなかったが、ゼレフ書の悪魔には創造主ゼレフの元に還る(つまりゼレフを殺す)という強迫観念が例外なく根付いている。スティングたちに敗れた後に這いずりながらゼレフのいるフェアリーテイルギルドを目指すシーンは、まさに彼がゼレフの元に還るエーテリアスそのものであることを如実に表していた。


後にゼレフの本当の息子の存在が明らかとなる。その人物とは……


以下、さらなるネタバレ注意。























スプリガン12の総長たる魔導王オーガストこそがゼレフの実の息子だった。しかしオーガスト自身も息子であることを父ゼレフに忘れ去られていた。オーガストがラーケイドに対し冷たかったのも、出席率の悪さや下品な魔法のほかに勝手にゼレフの息子を名乗られていたという個人的な嫉妬も絡んでいたのかもしれない…



余談

演じる小野賢章氏は同じくFAIRYTAILゼーラを演じた花澤香菜氏とは夫婦である。

関連タグ

FAIRYTAIL スプリガン12 ナツ・ドラグニル ゼレフ ゼーラ

「白き魂は自由なる空へ」


CV:小野賢章


概要

スプリガン12の一人。左肩に国の紋章がある。


ゼレフと似た風貌の金髪の青年で、常に合掌しながら微笑を浮かべている。額に白い十字架模様があり、背中にも巨大な十字架のようなものを背負い、はだけた左腕に数珠が付いている。「スプリガン12」の招集にはいつも応じない為、オーガストからは冷たい態度を取られている。


ゼレフ曰く、アクノロギアを倒す可能性さえ持っている「秘密兵器」であり、メイビスからは「異質」と評され、オーガストやアイリーンと共に「スプリガン12」の中でも特別だと自称している。


アルバレス帝国に潜入していたマカロフは前述の召集率の悪さが原因か、彼の存在を知ることが出来なかった。


魔法

性欲・食欲・睡眠欲といった人間の3つの欲を与える魔法を扱う。

性欲

強烈な後光を放って相手に凄まじい快楽をもたらし魂を昇天させる。その快楽を知る者そうでない者で効果には有無があるが、効かない者にも複数の光の触手で縛ることで快楽を与える。

前者は「快楽の味」を知るものにだけ効果が現れ、極めて広範囲に影響を及ぼすことが出来るが、条件を満たしていると敵味方関係なく影響を及ぼしてしまう欠点がある。実際、作中ではアイリーンやゼレフにも影響を及ぼした。

なお、この魔法を受けた者の反応は以下の通り。

効果あり効果なし

後者は対象者が「快楽の味」を知ってるかどうかを問わず効力を発揮するが実体を持っているのか破壊することが可能で前者に比べ妨害されやすい。また触手は白色なのでスティングなら食べることが可能。

カグラ曰く「下品な魔法」だがフローもそーもう。

食欲

悪食の魂。特殊な札を用い、周囲の者が食べ物に見えるほどの空腹感を与える。

睡眠欲

R・I・P(レスト・イン・ピース)。特殊な札を用い、傷口を抉っても抗えない眠気を与える。これは永眠の魔法で、掛けられた相手が目を閉じると永遠なる死の眠りにより最期を迎える。

ちなみにアニメ2期のOP曲「STRIKE BACK」のサビにも同じフレーズがある。


正体と末路(ネタバレ注意!)

本人は「ゼレフの息子」と名乗っているが、実際の正体はゼレフ書の悪魔エーテリアスナツを創るための実験体の一つとして生み出され、最も出来が良かったことからナツやゼレフと同じ「ドラグニル」の名を気まぐれに与えられた。ちなみに本人は一切そのことを知らなかった。

また、この真相は他のスプリガン12メンバーすら知らなかったらしい。


帝国の侵攻の際には自身とアイリーン、ブラッドマンの3人で剣咬の虎青い天馬の連合を全滅に追い込んだ。アイリーンの命を受けて妖精の尻尾メンバーを加えて再起した連合軍の迎撃にあたろうとしたところで、彼女の魔法により別の場所に飛ばされてしまう。その際にウェンディたちに敗れ捕虜となっていた同僚のディマリアを救出し、フェアリーテイルギルドにて他メンバーと合流した。


フェアリーテイルギルドの攻防戦では当初は動かなかったが、スプリガン12のメンバーが次々に倒れていくのを見かねてついに出撃。快楽の魔法を放ってフェアリーテイル陣営の大半を瞬く間に戦闘不能に追いやる。魔法が効かなかったが突然の事態に混乱しているユキノに目をつけ、白い触手で彼女を昇天させようとし、それを阻止すべく現れたカグラをも素手で一蹴してしまう。助太刀に現れたスティングに対しても、快楽魔法が効かないと見るや食欲の魔法と自身のスペックの高さですぐに追い詰めたが、ミネルバの魔法でユキノと入れ替わりで現れたローグの影を食べてスティングが白影竜になったことで、ラーケイドも切り札のR・I・P(レスト・イン・ピース)を発動する。しかしローグとカグラの協力によって眠気から解放されたスティングの「白影竜の絁(あしぎぬ)」を受けてついに倒された。


しかし生きてはいたようで、満身創痍で歩けずに這いずりながらもナツとゼレフの決戦の場となったフェアリーテイルギルドに辿り着く。不意を突いてナツを眠りに落としてゼレフをアシストしようとしたが、これがゼレフの逆鱗に触れ、逆にラーケイドの方が致命傷を負わされてしまう。

そして前述の正体が明かされたのち、ゼレフに自分に息子などいないと自身の存在そのものを全否定されてしまい、それでもなおゼレフを父と呼び縋ろうとするも容赦なく消滅させられた。


なお、ラーケイド自身は口にしなかったが、ゼレフ書の悪魔には創造主ゼレフの元に還る(つまりゼレフを殺す)という強迫観念が例外なく根付いている。スティングたちに敗れた後に這いずりながらゼレフのいるフェアリーテイルギルドを目指すシーンは、まさに彼がゼレフの元に還るエーテリアスそのものであることを如実に表していた。


後にゼレフの本当の息子の存在が明らかとなる。その人物とは……


以下、さらなるネタバレ注意。























スプリガン12の総長たる魔導王オーガストこそがゼレフの実の息子だった。しかしオーガスト自身も息子であることを父ゼレフに忘れ去られていた。オーガストがラーケイドに対し冷たかったのも、出席率の悪さや下品な魔法のほかに勝手にゼレフの息子を名乗られていたという個人的な嫉妬も絡んでいたのかもしれない…



余談

演じる小野賢章氏は同じくFAIRYTAILゼーラを演じた花澤香菜氏とは夫婦である。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー