ピクシブ百科事典

ローグ・チェーニ

ろーぐちぇーに

「ローグ・チェーニ」とは、『FAIRYTAIL』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:鈴村健一

剣咬の虎」最強の五人の一人、双竜の片割れである。
「影竜のローグ」の異名を持ち、左目が隠れたスタイルの黒髪で、腰に日本刀に似た武器を所持している。
影竜・スキアドラムから滅竜魔法を教えてもらい、体内に滅竜魔法の魔水晶を埋め込んでいる「第三世代の滅竜魔導士」。
スティング・ユークリフと同じく、自力でドラゴンフォースを発動する事ができる。
かつてガジルに憧れていた。現在はスティング・ユークリフと比べ冷めている言動が多いものの、力を過信しており冷徹(しかしガジルの事を少しばかり気にしている)。
だが彼と違い、ギルドから追放されてしまったユキノ・アグリアを心配している。
大魔闘演武では4日目の「タッグバトル戦」でスティングとのペアでナツ・ドラグニルガジルと戦うも、パワーアップした彼らには敵わず、ナツ一人に倒される。

最終日では再びガジルと戦う。戦う中でガジルが「妖精の尻尾」にいる意味が仲間を思う気持ちである事に気付き、同時に自分が何故戦っているのかが分からなくなるが、ガジルに「カエル(フロッシュ)は仲間だろ」と指摘される。その後途中で正体不明の謎の運命を司る影によって操られ、圧倒的な力でガジルを追い詰めるが、自身の影を食べ鉄影竜になったガジルに倒され、正気に戻る。
大魔闘演武終了後は過去の世界から現れたを倒すために協力し、リヴァイアや運命を司る影から未来の自分のことを聞かされ精神的に追い詰められるが、スティングの言葉で立ち上がり、闇に染まらないと誓い、彼と共にリヴァイアやシザーランナーに立ち向かった。 


上記のように冷めた言動が多く、クールに思われるが、フロッシュの事が絡むと感情的になり、フロッシュが迷子になった時にそばにいたレクターを責めたり、ウェンディやガジルに詰め寄ってフロッシュの居場所を聞く、見つけた時も「ここは心を鬼にして一人でギルドで帰らす」と言いながら見守り続ける等、フロッシュに対して過保護な一面も持っている。


影の滅竜魔法

  • 影竜の斬撃                    
  • シャドウドライブ
  • 影竜の咆哮
  • 聖影竜閃牙


関連タグ

FAIRYTAIL 
剣咬の虎 スティング・ユークリフ 
メカクレ

pixivに投稿された作品 pixivで「ローグ・チェーニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63745

コメント