ピクシブ百科事典

未来ローグ

みらいろーぐ

※本項目は「FAIRY TAIL」の重大なネタバレを含みます。

本項目は『FAIRYTAIL』39巻以降の重大なネタバレを含みます






















ローグの日


 『剣咬の虎』所属の滅竜魔導士ローグ・チェーニその人。
 X798年の未来の住人(26歳)で、現在のローグとは異なり髪の左半分が白い。

 まず、彼について紹介する前に、FT世界の「分岐した未来」に関して解説を入れる。

 コミックス38巻までの『大魔闘演武』はX791年に開催され、その裏でフィオーレ王国が秘密裏に作っていた「エクリプス」と呼ばれるタイムトンネルにより、「400年前に行ってゼレフを殺せば今のゼレフ消えるんじゃね?」という計画が開かれる予定だった。
 しかし、エクリプスは「開くもの」と「向こう側で開くのを誘導するもの」がいなければ成功しないシステムであり、これを知らなかったフィオーレの人々が開門したことにより400年前の世界から1万匹ものドラゴンがX791年のフィオーレになだれ込み、フィオーレは忽ち竜に滅ぼされてしまった。これが【未来Ⅰ】である。
 【未来Ⅰ】におけるX791年の「数日後」からエクリプスを通ってやってきた未来ルーシィは、エクリプスを閉じねばならないことを「現代」のナツ達に伝える。これにより、「現代」の妖精の尻尾組はエクリプスを閉じ、1万ものドラゴンの流入は抑えられるはずだった。ここから続くのがローグのいる【未来Ⅱ】である。

 【未来Ⅱ】では、アクノロギアにより人類は支配されていくことになる。ローグはそれに立ち向かおうとするも、フロッシュを失った悲しみに囚われ、発狂スティングを殺して光の滅竜魔法を強奪し、遂に操竜魔法を会得するに至った。
 支配されたくなければ支配すればいい、と考え付いたローグは、「もう一度時の扉を開かせて過去から竜を現代に呼び込み(でも1万は多すぎるのでもう少し厳選したうえで)アクノロギアにぶつけよう」と計画。エクリプスで「現代」に飛び、門を閉じる力を持つルーシィ(現代)を殺害しようと試みた。

 スティングの力を取り込んでいるためモード白影竜になることが可能であり、性格は残虐非道で極めて身勝手、正真正銘の「ローグ(ならずもの)」になっている。
 世界を救う方法と称しヒスイ姫を唆してエクリプスを開かせ、「運命の日」にルーシィを殺害しようとするも【未来Ⅰ】からやって来た未来ルーシィに邪魔されてしまう(このケガが元で未来ルーシィは死亡する)。
 そして手筈通りに現れた七竜を操竜魔法で意のままに操り、抵抗する魔導士ギルドの完滅を目論むも、予想だにしていなかった時間改変により抵抗が始まり、最後はナツと意気投合した炎竜アトラスフレイムに裏切られ、乗っていたマザードラゴンごとエクリプスに叩き付けられてしまい、【未来Ⅱ】に強制的に戻された。
 完全に【未来Ⅱ】に戻る前、ナツにフロッシュを殺した人物(リンク先ネタバレ注意)の正体を明かすが、ナツからは「今のローグは絶対お前になんかならねぇよ!!」と一蹴された。
 結局、「その人物」はフロッシュを殺すことも無くなったため、現時点ではローグがこの未来ローグ(に類する悪党)になる可能性は限りなく低い。

pixivに投稿された作品 pixivで「未来ローグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16110

コメント