ピクシブ百科事典

マルド・ギール

まるどぎーる

漫画「FAIRYTAIL」に登場する「冥府の門」の事実上のリーダー。
目次[非表示]

概要

CV:森川智之
別名:「冥王 マルド・ギール」

闇ギルドの中でも特に大きいバラム同盟の一角・冥府の門(タルタロス)の副官のような存在。
マスター「END」が何らかの要因で封印されたためにマスターに変わり代理としてギルドを率いている。(実際には「END」の書を偶然見つけたマルド・ギール自身がENDの書を使ってENDの代弁者を称してギルドを作ったため実質彼がマスターである。

ゼレフ書の悪魔エーテリアス)の中でも一線を画した存在であり、ゼレフが自分達エーテリアスを想像した真の目的「自分の殺害」についても認知しており作中での行動はすべてそこに絡んでいる。
(彼以外のギルドメンバーは「ゼレフを殺す」という目的を認識しておらず「ゼレフの元に帰る」と認識しており九鬼門の一人・キョウカはこれをエーテリアス特有の帰巣本能と評した)

戦闘中も常にENDの書を手から離さずに持っている。
ENDを復活させるべく、フェイスを大陸中に設置し魔力の消滅を計画。ナツグレイと戦いを繰り広げた。

冷静さと冷酷さを併せ持った性格をしており、エルザを痛めつける遊びをしていたキョウカのせいで不快な思いをしたというだけで罰を与えた。常日頃からジュビアかおめーはと言いたくなるほど自分の名前を一人称にして言を発するものの、これは
星霊王と会話した時の様子から過去には因縁がある模様。

タルタロス編最終局面にてナツグレイの二人と戦い、エーテリアスフォームになった事で圧倒。
それでも半悪魔化したグレイに究極の呪法であるメメント・モリをふさがれ、ドラゴンフォース発動のナツにやられ敗れる。

破れた後突如現れたゼレフに本に戻され、その本さえも消失し姿を消した。

呪法

喜び(アレグリア)
冥界島を元の冥界獣の姿に戻し、内部への侵入者を吸収させる。
これを発動したせいでタルタロス滅亡後は冥界島を丸ごとミラジェーン・ストラウス接収されてしまった。


地面から巨大な荊を生やし相手を縛り付けたり叩き潰したりする。

冥界樹(デア・ユグドラシル)
荊の比ではない程巨大な樹木で相手を潰す。

メメント・モリ
巨大な悪のエネルギーで相手を完全消滅させる。生死に関係なく相手を消し尽くす最大最強の呪法…とのことなので、六魔将軍マスターゼロが放ったジェネシス・ゼロに近い技なのかもしれない。

エーテリアスフォーム
最強形態。デビ○マンを彷彿とさせる異形の悪魔の姿を見せる。

関連タグ

FAIRYTAIL 九鬼門 ジエンマ 悪魔 美形悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「マルド・ギール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51807

コメント