ピクシブ百科事典

楽園の塔

らくえんのとう

「FAIRY TAIL」に登場する施設。
目次[非表示]

概要

 『FAIRYTAIL』に登場する
 黒魔導士ゼレフを悪神と崇める黒魔術教団の過激派が計画したまで届くほど巨大な塔であり、フィオーレ王国沖合に浮かぶ無人島に建設されていた。
 勿論彼らだけでは人手が足りず、教団は孤児院などを騙して子供を攫い強制的に働かせ、それでも足りない人手不足を補うべく近隣のを焼き払い逃げ出した人々を捕まえ奴隷化して強制労働させていた。
 楽園の塔の真の名称はRシステムと呼ばれ、死者をあの世から蘇らせるというもの。これにより、黒魔術教団はゼレフを復活させようとした。

 結局、あまりに過酷すぎる無賃金労働に絶望怒りを覚えた奴隷たちの反逆により暴動が発生し、解放奴隷の指揮を行っていたジェラールがゼレフの亡霊に唆されて憎しみの心に火を付けられたことにより、黒魔術教団はジェラールに皆殺しにされてしまった。
 ジェラールはその後解放奴隷たちを言葉巧みに騙し、ゼレフを生き返らせるために楽園の塔を完成させてしまう(勿論、福利厚生を怠ることは無かった)。Rシステムはただ作っただけでは意味がないため、ジェラールは精神体であるジークレイン評議院に送り込んでエーテリオンを楽園の塔に叩きこませるという暴挙に出て、遂に楽園の塔を魔水晶の塊に変えることに成功した。
 しかし、妖精の尻尾及び旧楽園の塔組の妨害によりジェラールは撃破され、魔水晶の結晶体となった楽園の塔もバラバラに崩壊して海中に没していった。その姿はまるでバベルの塔を思わせる哀れな幕引きであった。

 ジェラール(というか黒幕)によって働かされていたショウ、ミリアーナ、ウォーリーの三人は世界を見るためにに出ており、その後も収穫祭編にてエルザの元気そうな様子を見て安堵している他、7年が経過した第2部でも元気な姿を見せた。

働かされていた人々

太字はジェラール派閥


関連項目

FAIRYTAIL 胡蝶の夢























以下、本作の根幹に関わるネタバレにつき注意





















 Rシステムをゼレフが考案したのは、死んだ弟を生き返らせるためであった。
 しかし、「楽園の塔」編でエルザが言及している通り、Rシステムが起動するには大陸中の魔導士をかき集め、一国を地図から消し去るレベルの魔力を集めなければ無理だったのである。
 結局Rシステムは立案から間もなくして頓挫(そもそもゼレフがこのRシステム理論を考案した時点で学界からは大反発が出ていた)し、ゼレフは亡き弟のためにゼレフ書の悪魔の構築に取り掛かる。そして、彼は遂に弟のクローンを作り出してしまう。

 ゼレフはその少年に、エーテリアス・ナツ・ドラグニルの名を与えた…。

pixivに投稿された作品 pixivで「楽園の塔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 613

コメント