ピクシブ百科事典

モルジアナ

もるじあな

『千夜一夜物語』(アラビアンナイト)の登場人物、または、漫画『マギ』の登場人物。
目次[非表示]

モルジアナ(本家『千夜一夜物語《アラビアンナイト》』)

「珊瑚」「小さな真珠」を意味する。マルジャーナ、モルジアーナ、モルギアナ、モリジアナなどと表記される。

千夜一夜物語』(アラビアンナイト)の中の話の一つ『アリババと40人の盗賊』の登場人物。
アリババの兄・カシムが所有する屋敷の奴隷娘にして、主人公であるアリババの命の恩人。アリババが盗賊に殺されそうになったところを、彼女の機転によりアリババは盗賊を返り討ちにすることができた。その後、彼の息子と結婚し、貧しい人たちの手助けをしていった。

結末

なお、作品によっては相手はカシムの息子(子供がいないアリババに引き取られた)だったり、アリババが独身の場合は彼と結ばれるなど様々。奴隷と言う表現では無くお手伝いさん召し使いとして表記されることもある。

描かれ方

  • 舞台はペルシアなのだが、小学館の学習まんがやポプラ社雄鶏社アニメ絵本では正統派のアラビア風民族衣装を纏う。
  • 一方、永岡書店ブティック社の絵本ではインド風のエキゾチックな顔立ちと半袖の動きやすい普段着で、ダンスの時はヘソ出しのセクシーな衣装を纏う。
  • 褐色肌で描かれるナツメ社、白人のような顔をした金の星社偕成社の小説版のように東アジア的(日本風)な顔立ちと、書籍によって顔立ちもさまざま。実際、イスラム諸国では各国の奴隷が売り買いされており、名の由来でもある真珠は日本や中国から来た特産品として取り引きされていた。


モルジアナ(週刊少年サンデー作品『マギ』/大高忍

pixiv内では、主にこちらの意味で使われる。

CV:戸松遥

プロフィール

出身地暗黒大陸
立場アリババの眷族
年齢20歳(初登場時14歳)
身長148cm→150cm
体重?kg→51kg(体脂肪率5%)
家族構成不明
特技蹴り
趣味筋トレ
好きな食べ物魚全般
嫌いな食べ物とうもろこし
好きなタイプよくわかりません(本人談)
嫌いなタイプ奴隷使い
好きな休日の過ごし方マスルールと稽古
悩みごともっと強くなるにはどうすればいいか
弱点アドリブ


狩猟民族『ファナリス』出身の赤髪の少女。愛称は「モルさん」。本作のヒロイン

見た目はかわいらしい顔立ちの女の子なのだが、ファナリスの特徴である、岩をも砕き垂直の壁をも駆け上がる程の強靭な脚力と、犬並に鋭い嗅覚を持つ。腕力もそれなりにあり、アリババくらいの人間なら軽々と投げ飛ばすことが出来る。また、猛獣を尻ごみさせるほどの威圧を持つ咆哮を放つ事も可能。
初登場時は、領主ジャミル奴隷としてアラジンアリババらの前に立ちはだかるが、のちにアリババによって奴隷の身から解放され、共に行動するようになる。
解放された後も、ジャミルに奴隷として虐げられてきたために植え付けられた恐怖から逃れられずにいたが、最期に背を押してくれたゴルタスの言葉に救われ、恐怖を打ち破った。
奴隷から解放させてくれたアリババに対しては恩と尊敬の念を抱いており、心から慕っている。そこに男女の恋愛感情が含まれているのかは不明だが、度々彼を異性として意識しているような描写も見られる。
後にアリババの眷属として目覚めたこともあって、自分はアリババの仲間にして忠実なる従者という誇り高い意識はますます強くなっているようだが、逆にその「従者」という立場、奴隷だったという引け目もあって、その感情は複雑なものとなっているようだ。

口調は基本的に淡々とした敬語で、モノローグでは「~だわ」などの女性らしさを零す。
アリババを始めとする仲間たちの役に立ちたいと言う思いが強く、そのための努力を怠らない。
そうした理由から、和やかな場面で女の子扱いされることは嫌いではないようだが、最初から守られる立場と見なされて戦力外として置いて行かれることは好まない。そのような場面では苛立ちから、地面を踏み砕き感情を露わにして主張することがある。
基本的に笑顔や照れる等の少女らしい表情はあんまり見せないが、無表情かといえばそうでもない。扱いが悪かったり気に入らないことがあるとよく膨れる。笑うことは苦手なようだが、嬉しいことがあると影で何かを含む様な顔をして不器用ながら明らかに喜んでいる。
下手なキャラよりよっぽど判りやすいかもしれない。

シンドリアでは、マスルールに師事して格闘技を鍛えたこともあって、マスルールを強く尊敬している。
その後、一度故郷であるはずの地を訪れてみようと暗黒大陸を目指し、大峡谷へ飛び込む。
また、皆と別れて旅立つ際には、いざという時に眷属器になるものの予備として、アリババから首飾りを貰った。

上記のように足が強いためか、常に裸足である。
普段首から下げている茶色い帯留め(?)は木製であり、紐で首から提げつつ、ずり落ちないように帯に首紐で固定している仕組み。
故郷への旅から帰ってきてからは背も少し高くなり、それまでの服の上に、より裾の長い上着を一枚羽織っている。

作者曰く、イメージモデルはうさぎ


実はカナヅチである。
更に料理が苦手であり、連載100回と200回記念にケーキを作ったが、
100回の時は何故かケーキの中に鳥の丸焼きが入っていたが「なんとか食用」Lv
200回に至っては白龍の師事も空しく、「地獄へ直行」Lvのおぞましい何かが出来た。

眷属器

炎翼鉄鎖(アモール・セルセイラ)

アモンの眷属器。
シンドリアにて自分の眷属器を持とうと、その身に馴染んだ金属として奴隷時代に身に着けていた「大切な人々の恩義の積もった誇らしい品」である足枷を金工職人に加工してもらい、鎖付きの輪飾りとしたものを身に付けることになる。
この輪飾りが、迷宮「ザガン」攻略において、眷属器『炎翼鉄鎖(アモール・セルセイラ)』として目覚める。

足飾りの予定だったが、蹴りの際に鎖が絡んでしまうため、当初は腕飾りとしていた。
魔力(マゴイ)を放出することによって、鎖を自在に操って壁に刺して移動したり、敵に巻き付けて熱で焼き尽くしたりする能力を持つようになる。
これにより、モルジアナは壁面が存在する場所での空中の行動力が大幅に上がった。

ただし、モルジアナ自身は身体能力に反して魔力の素養は薄いため、乱用はできない。無理に使用すると全身から血を吹きだして倒れ、命を落とす危険性もあった。

故郷への旅から帰って来てからは、本来の用途である足飾りとして着用するようになった。
ユナンから指導を受けたことで、より効率的に扱えるようになり、魔力を放出するのではなく鎖に留めることによって魔力消費を抑えつつ、鎖の形状を変化させることによって翼状にして飛行したり、脚状にして蹴りと連動して攻撃したりといったことが可能になった。
これによって、壁面などが無い場所でも大空を飛び回れるようになるという成長を見せた。

しかし現在はアリババが死亡しており(精神のみ生存してて現在、暗黒大陸より帰還中)
それに伴い卷属器も使用不可能となっている。

余談

カプコンのハンティングアクション:『モンスターハンタークロス』で、『マギ』とのコラボレーションの1つとして、ずばり"モルジアニャ"という名のオトモアイルーが配信されたことがある。コメントは「こう見えてけっこう強いニャ」。まぁ、間違ってはいないけど……
ステータスとしては状態異常の無効化や攻撃特化のスキルなどを持っており、さらにサポートゲージが溜まりにくくなる代わりに攻撃力がアップする「ファナリスの術」という特殊なスキルを持っている。小細工抜きで己の肉体のみで勝負を挑むモルジアナの設定をうまく再現しているといえよう。
ただ、ニャンターとして使用するとなると、高火力を発揮できるブーメラン系のスキルや体力を大幅回復できる「緊急撤退の術」を覚えていないため(一応、どれか1つに絞って伝授させることはできるが…)、イマイチ火力を発揮できず、扱いが難しい。

関連イラスト

「スゲー似合ってるよ」
モルさん


聡明な女奴隷
花



関連タグ

マギ ファナリス
アラジン(マギ) アリババ・サルージャ ジャミル マスルール ユナン
信号機トリオ
アリモル マスモル 白モル アリモル白
踊り子モルさん キュアモルジアナ(中の人繋がり) はいてない 

女子力(物理)

pixivに投稿された作品 pixivで「モルジアナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34292414

コメント