ピクシブ百科事典

至郎田正影

しろたまさかげ

至郎田正影とは、漫画『魔人探偵脳噛ネウロ』の登場人物。DCS(ドーピングコンソメスープ)の人。
目次[非表示]

概要

CV:伊藤健太郎(ドラマCD)、大塚明夫(TVアニメ)
各界の有名スポーツ選手から「成功を呼ぶ店」と噂されるレストラン『シュプリーム・S(シロタ)』のオーナーシェフ。その実は違法ドラッグを大量に混入した創作料理を提供する異常思想の持ち主。

ドラッグ入りの料理を用いて「食の千年帝国」なるものを作ることが夢だったが、薬物混入の事実を知った同業の海野浩二に反対され、警察に告発しようとする彼を殺害する。殺害を偽装するために「犯行予告の脅迫状を受け取った」と装い警察を呼び、時間差トリックで海野が突然死亡したようにアリバイを工作する。

自身の作る料理を「至高にして究極」と自負しており、それを貶されると異常なほど怒りをあらわにする。現場検証中に彼の料理を試食した弥子から「食べる事に失礼」という評価を下され、激しく怒って事情聴取を取りやめ厨房に籠ってしまうほど。

彼が最高傑作と称する料理「ドーピングコンソメスープ」がカルト的な人気を博し、多くのファンだけでなく同業の漫画各作品でパロディされるほどになった。

基本オリジナルエピソードで構成されていたアニメにおいても、第一話にこのエピソードが起用されるなど、他のキャラクターに比べかなり優遇されている。

余談

名前の由来

最も有力とされているのが、漫画『美味しんぼ』の山岡士郎から取られたという説である。
殺害された海野も、山岡の実父である海原雄山が由来と考えられ、至郎田がよく口にする「至高」「究極」といった単語など関連性が多い。なお、TVアニメにおける至郎田のCVは、海原雄山のCV・大塚周夫氏のリアル息子である大塚明夫氏が担当している。

また、「ドラッグ」つながりであの人という説もある。

『真説 ボボボーボ・ボーボボ』出演

『ネウロ』の作者である松井優征がデビュー前に『ボボボーボ・ボーボボ』の澤井啓夫のアシスタントをやっていたという経緯もあってか、彼の『真説 ボボボーボ・ボーボボ』にて至郎田がゲスト出演したことがある。
DCS(ドーピングコンソメスープ)真拳」でボーボボ達の前に立ちはだかるが、ソフトンにあっさり倒される。ゲスト出演でありながら人気投票で225票を獲得し堂々15位となった。

ちなみに、同作のアニメでボーボボ役を演じた子安武人は、後年ドラマCD・アニメでネウロのCVも担当している。

関連タグ

魔人探偵脳噛ネウロ DCS
ボボボーボ・ボーボボ
コック 料理 ドラッグ

pixivに投稿された作品 pixivで「至郎田正影」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13287

コメント