ピクシブ百科事典

アンブロケトゥス

あんぶろけとぅす

哺乳綱クジラ目プロトケトゥス科に属する海を生活の場にし始めたクジラの祖先とされる古代哺乳類である。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「歩くクジラ」。
体長3m。
食べ物は、小型の哺乳類等。
生息年代は始新世前期。
パキスタン河口川岸海岸付近に生息。

特徴

全身骨格が見つかっている。立派な4本のがあるが、パキケトゥスよりもう少し進化していて、水中では体を波打つように動かして泳いでいた。

関連タグ

哺乳類 鯨偶蹄目 クジラ目
クジラ パキケトゥス

pixivに投稿された作品 pixivで「アンブロケトゥス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165

コメント