ピクシブ百科事典

プロトケトゥス

ぷろとけとぅす

哺乳綱クジラ目プロトケトゥス科に属する大昔のクジラの祖先である。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「初期のクジラ」。
体長2.5m。
食べ物はイカ等。
生息年代は始新世中期。
アフリカアジア海岸付近に生息。

特徴

クジラ類の仲間であるが、後ろ足の骨があるのが特徴。鼻孔がやや前方にある等の原始的な特徴もあるが、目は更に頭骨の側方に向いている。尾鰭が発達し初め、で遊泳生活を営むが、その呼吸方法は現在のアザラシアシカの方に近く、彼らと同じく休息を取ったり、バシロサウルス等の大型のクジラやサメ等の外敵を避けたりと、陸に上がることも出来たと思われる。

関連タグ

哺乳類 鯨偶蹄目 クジラ目
クジラ パキケトゥス アンブロケトゥス

関連記事

親記事

クジラ目 くじらもく

子記事

兄弟記事

コメント