ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

怪獣黙示録の漫画や怪獣惑星での死骸、(ヤン・デ・ボン時代のごたごたで東宝怪獣が登場できなかったので)ラドンの代役で登場したゴジラ・ザ・シリーズのケツァルコアトルをのぞけば、ラドンのアニメ作品での登場は初となる。

容姿

様々なタイプの個体が存在し、いずれも過去作に登場した各個体以上に翼竜らしい容姿をしており、トサカが2本で大型のケツァルコアトルスタイプの個体と、トサカが1本で歯がぎっしり敷き詰められた口内を持ち大量の群れで都市を襲撃するズンガリプテルスタイプの数メートルサイズの個体が確認されている。
PVではおなじみの鳴き声を披露している。

余談

ケツァルコアトルスタイプは、キング・オブ・モンスターズへのラドンの登場が判明した後にネットに出回ったファンのイラストに似ており、ズンガリプテルスタイプは平成ガメラシリーズ以降のギャオスやジュラシックワールドの翼竜の群れにも似ている。

関連タグ

ラドン 翼竜 ゴジラ

関連記事

親記事

ゴジラS.P ごじらしんぎゅらぽいんと

兄弟記事

コメント