ピクシブ百科事典

プリプリちぃちゃん!!

ぷりぷりちいちゃん

「ちゃお」にて連載された篠塚ひろむによる漫画作品、及びそれを原作とするテレビアニメのタイトル。
目次[非表示]

概要

小学館の乳幼女向け雑誌の一つである「ちゃお」にて2015年4月から2019年3月号にかけて連載された。
作者は篠塚ひろむ

あらすじ

自分が住んでいる世界に帰れなくなってしまった地底人・ちいちゃんと、彼をうっかり助けてしまった少女・佐伯夕花、さらには夕花の家の居候の先輩である宇宙人・うっちゃん、そしてちぃちゃんの後を追う形地上に現れたジョーくんの、奇妙にして平和な日々を描くファンタジーコミック。

登場キャラクター

夕花ちゃん


佐伯夕花
CV:麻倉もも
困っている人間ばかりか、困っている人間外の生物も助けてしまうくらい優しい性格。
しかし、やや人相が悪い(ただしアニメ版では人相はかなり改善されている)。
蛙と男が苦手。
余談だが、中の人は主題歌も手掛けたことがあるそうである(後述)。

夕花ちゃんとちぃちゃん


ちぃちゃん※下
CV:村川梨衣
黄色い体の地底人の(一応)雄。
地底に帰れなくなっていたところを夕花に助けられ、佐伯家に居候することになった。

プリプリちぃちゃん!!


うっちゃん※右下
CV:黒瀬ゆうこ
ピンク色の宇宙人の雌。
愛機の宇宙船が壊れていたところを夕花に助けられた。
ちぃちゃんより先に佐伯家に居候していた。
けったいだが意外と役に立つものを作り出せるものの、肝心の宇宙船の修理に関しては「上手くいかないの」とボヤくくらい難儀している。

ジョーくん


ジョーくん
CV:長江里加
緑色の体の地底人の雄。
行方不明になった友人(ちぃちゃん)を探すために地上にやって来た。

テレビアニメ

2017年4月から12月16日にかけて、毎日放送をホスト局にTBS系列にて土曜6時43分頃-7時の時間帯に放送された。

TBSが2017年4月から設定した、毎日放送との合同アニメコンプレックス枠・『アニメサタデー630』の第2部として放送されているが、TBSサイドは、掲載誌こそ違う同じ版元のギャグ漫画作品『100%パスカル先生』とまとめて「第1部」ということにしている。該当作品と公式サイトのトップページを共用、さらに6時43分頃からという、えらい中途半端な時間にスタートしていたのはそのため。

「ちゃお」創刊40周年記念作品、と言う触れ込みでテレビアニメ化されている。

だが、かつて土曜41時-41時30分にて放送されたことがある作品の続編を放送することになってしまったあおりを喰らう形で終了するハメになった。

なお、2017年12月から、17分ハーフ1本立てであったものを30分2本立てに編成したものが、ディズニーチャンネル(の日本法人)でも放送されている。

製作スタッフ

監督池添隆博
シリーズ構成土屋理敬
キャラクターデザイン萩原しょう子
音響監督たなかかずや
音楽若林タカツグ
アニメーション制作OLM


主題歌

オープニングテーマ
『トクベツいちばん!!』(#1~12)
作詞 - 谷口尚久 / 作曲・編曲 - KOUGA / 歌 - 麻倉もも
ツインズ』(#13~25)
作詞 - HoneyWorks / 作曲・編曲 - HoneyWorks / 歌 - CHiCO with HoneyWorks
『カラフル』(#26~)
作詞・作曲・編曲 - 谷口尚久/ 歌 - 麻倉もも

エンディングテーマ
『ハニーアンドループス』(#1~12)
作詞 - 仁科亜弓 / 作曲・編曲 - 古川貴浩 / 歌 - 豊崎愛生
『フワリ、コロリ、カラン、コロン』(#13~25)
作詞 - 雪沢実花 / 作曲・編曲 - 植松芳裕 / 歌 - 夏川椎菜
『有頂天トラベラー』(#26-)
作詞・作曲 - Q-MHz / 編曲 - Q-MHz、やしきん / 歌 - 戸松遥

主題歌に関するネタ

サウンドトラックをソニーミュージック(日本法人)が手掛けるのだが、唄っているアーティストは最初の1クールに関しては出演者(麻倉は既述、豊崎ものんちゃんという地底人役で出演したことがある)であった。
ホスト局的・全系列ネット枠的前枠かつサウンドトラックを手掛けた会社がほぼ同じであったあれが出演声優陣を主題歌歌唱アーティストに全く起用しなかったことを考えれば、見事なまでの真逆っ振りであった。

ただし、こんなことになったのは、出演声優陣に主題歌唄わせておけばわざわざ外部のアーティストに歌ってもらうよりは安上がりである、とか、あれがアニヲタしか相手にしてもらえず、多くの人に知ってもらうために主題歌のタイアップに頼らざるを得ない面があった(けどその効果は全くと言っていいほどなかった)のに対し、こちらは幼女相手の商売なのでそこまで気を遣う必要がないと言う(世知辛い)事情があったのだ。

第2クールでは外部アーティストを招聘したものの、実は麻倉や豊崎と同じ芸能事務所に所属するアーティスト(しかもエンディングを担当する夏川は麻倉と同じアイドルグループの一員)というオチがついた。
第3クールでは主題歌は再び麻倉が担当、エンディングテーマは麻倉と同じ芸能事務所に在籍している先輩アーティストが担当した。またしても「自給自足」である。

蛇足ながら次番組に当たる日5にてやらかしたことがある作品の続編にはその麻倉や夏川と同じアイドルグループ一員レギュラー(つか真の主人公)出演したが、実はこの人、後半11話分ではエンディングテーマを担当した(最終回では挿入歌として使用)。やはり先述の理由と事情からか。なお、あれの(流れをくむ)作品で、外部アーティストを起用しなかったのは、これが初めてのケースであった。

エピソード一覧

話数エピソードプリプリショットでお取り寄せしたアイテム
第1話プリプリ! ちいちゃんがやってきたでち!なし
第2話びっくり!? プリプリショットでち!鳥+犬ロボット
第3話ワクワク! ちぃちゃん学校へ行くでち!巨大タコ
第4話ドキドキ! おでかけは危険がいっぱいでち!ちいちゃんのぬいぐるみが入ったUFOキャッチャー
第5話じょじょ! ちぃちゃんを救うじょ!でち!ジョーくんの形をした風船
第6話へっぽこ! ゆーかにいっぱい恩返しでち!ちぃちゃんの巨大バルーン→爆発→紙ふぶき
第7話ハッピー! あかりちゃんの誕生日でち!デコレーションケーキでデコレーションした部屋
第8話キラキラ! デコるの大好きのんちゃんですのん!でち!ピコピコハンマー
第9話スヤスヤ… ゆーかの夢へおでかけでち!でちでちまん変身ベルト
第10話ヒヤヒヤ! ゆーかとママの仲良し大作戦でち!告白メガホン
第11話でっぷり!? スリムになりたいでち!とらんプリン(プリン型トランポリン)・メカ型ライオン
第12話グラグラ! 地底へ里帰りでち!ガラガラ(モグラのお母さんを探す道具)・温泉(ちぃちゃんの両親が入っていた)
第13話じょじょじょ!? 赤ちゃんパニックでち!UFO
第14話パシャパシャ! 地底人記者の大スクープでち!緑の巨大たらい・車の絵付きパンツ
第15話ゲキオコ! 家庭教師なんていらないっ!でち!雨雲から土砂降りの雨と雷
第16話サンサン! 夏の海をまんきつでち!海賊船
第17話まさか!? うっちゃんお別れでち!?なし
第18話はてはて? 家族旅行に出発でち!?ハテナ博士
第19話ドタバタ! 温泉旅館でおおはしゃぎでち!なし
第20話もぎゅっ! フルーツ三人娘でち!フルーツ三人娘(リンちゃん・スーちゃん・ミカちゃん)
第21話激突! 恋のバトルで大騒ぎでち!惚れ薬いり果実(角ばったりんご)
第22話たいへん! ゆーかが夏バテでち!クリスマスツリー・笹・門松・ひまわり・野球ボール・風船
第23話がんばれ! えみちゃんは漫画家の卵でち!ベレーちゃん
第24話チテコレ! ファッションショーてこ!でち!CHITEKO、ちぃちゃん用のパンツの山
第25話メヂカラ! 絵本の世界で大冒険でち!夢見枕
第26話スポポポ! ゆーかのドッジボール特訓でち!スポーツくん
第27話ショーゲキ! 山でアイツにそうぐうでち!ちぃちゃんラッピングバス
第28話デチデチ! ロボチィチャンデチ!でち!ロボチィチャン
第29話ウキウキ! ゆーかの誕生日でち!コックちゃん
第30話スコココ! ピィちゃんお世話するでち!ちぃちゃん用小鳥なりきりサポートグッズ
第31話ニンニン! パンツをとりもどせでち!ニンマルくん
第32話プリちぃ! カワイイお部屋をつくるでち!お部屋作成用ステッキ
第33話ノリノリ! 歌のレッスンでち!音楽さんとダンさん
第34話ウゴウゴ! 雪男(ゆきお)とあそぶでち!雪男(ゆきお)
第35話さよなら!? ゆーかとお別れでち!?(前編)なし
第36話さよなら!? ゆーかとお別れでち!?(後編)地底人全員


おもちゃ展開について

アニメ本編(第2話以降)では、ちぃちゃんがお悩み解決をするために、お取り寄せができる秘密兵器を持っている。その名は、「プリプリショット」である。
使い方は、プリプリショットでアイテムを撮影し「プッリプッリ プリちぃ でちでっち~!」と呪文を唱える。
すると「お取り寄せ完了でち。」と言い、その実物のアイテムが出てくるのである。
そのアイテムは、実際に役に立つものがあれば、自爆で終わってしまうことや、おおごとになってしまうことなどさまざまである(お取り寄せしたアイテムは、前項のエピソード一覧を参照)。

2017年7月13日、タカラトミーよりプリプリショットおよびちぃちゃんのぬいぐるみが、実物おもちゃとして発売された。
ちぃちゃんのぬいぐるみはボイスが約70種類収録されている。
しかもパンツの柄によって人格が変わったりパンツを脱がしてしまうと恥ずかしがってしまったりと、なかなか芸が細かい。

ただ、本作とアニメコンプレックス枠を構成する作品の一つが、既存のコンテンツを上手く生かしたこともあってか、放送開始早々に商品展開を実施出来たうえ、(アレソレに限った話ではあるが)売れ行きもなかなかよかったことを考えれば、放送が始まって3ヶ月以上経ってようやく関連商品がリリースされたことは、やや遅きに失した感は否定出来ない。

関連動画

100%パスカル先生&プリプリちぃちゃん!! PR


エンディング


関連タグ

2017年春アニメ / アニメ
篠塚ひろむ ちゃお 漫画 / 少女漫画 アニメサタデー630
ファンタジー 日常系 地底人 人外

関連作品

恋するプリン! ちび☆デビ! ミルモでポン!

類似作品

ヒミツのここたま フレームアームズ・ガール

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「プリプリちぃちゃん!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360028

コメント