ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

けだまのゴンじろー

けだまのごんじろー

ソニーグループとコロコロコミック編集部が手掛ける、「キッズの星」プロジェクトによるメディアミックス作品。
目次 [非表示]

概要

ソニーグループと小学館コロコロコミック編集部の共同で、2016年より展開している「キッズの星」プロジェクトの一環で展開されているメディアミックス作品。同年の夏に行われた、ソニーグループのキャラクター原案公募企画「キッズの星」で、グランプリを受賞したのがこの作品である。


2018年9月から月刊コロコロコミックにてながとしやすなりによる漫画版の連載が開始し2020年4月で終了。2019年4月からアニメの放送とアルファドリームForwardWorksが開発したスマートフォン向けゲームアプリ「けだまのゴンじろー フィットエンドラン」を配信。有料アップデートでエピソードが追加されるも、最終回近くから20エピソード近くは無料となる、2020年8月20日をもって終了告知に伴いオフライン版が同年5月20日から配信されていた。オフライン版配信終了。


挿話の大部分はギャグであるが、偶に大真面目な台詞が飛び交っている。


あらすじ

ちょっぴり臆病で頭でっかちな小学5年生の主人公「前神マコト」は、ある日、ぴょんぴょん飛び跳ねる不思議な毛玉、というより毛玉でできた謎の生命体と遭遇。「何かを守りたい」という本能を持つ、その毛玉の生命体「ゴンじろー」は、自身の毛の変形機能・能力を生かして事件を解決(かいつ)してゆく。


主要登場キャラクター

全身が毛玉でできた謎の生命体。上述の通り自身の毛の変形機能・能力のほか、おなかのボタンを変える「ボタンチェンジ」によって毛質を変える能力を持っている。口癖は理由有り。


主人公の小学5年生。小学生らしい「あるある」な失敗や、小学生にありがちなトラブルによく遭遇する。また、ゴンじろーのしつこい絡みに振り回されてばかりいるが、彼の口癖とは切っても切れない縁がある。


スポーツが得意なトゲトゲした深緑髪のクラスメートの男子。


臆病な黒髪の眼鏡が特徴的なクラスメートの男子。


肥満体系が特徴的なクラスメートの男子。


タワマンに住む裕福なクラスメートの女子。


手芸部部長の眼鏡のおさげ女子のクラスメート。


本名は郷茂田 猛(ごうもうだ たけし)、マグロのお寿司が好物で家ではパンツ1枚らしい。

マコトのクラスの担任でたわしのようなアゴですりすりされるのを児童たちは恐怖している。


ゴンじろーの生体に詳しいボタン収集家のおじさん、よく下着だけの姿になる。


マコトの父親でゴンじろーの同居に何の疑問も抱いていない天然な所がある。


マコトの母親でゴンじろーの同居をあっさり受け入れた、しっかりしてそうな見た目に見えて夫同様に天然な所がある。第46回目の放送で本名が発覚した。


ゴンじろーから分裂した黒い毛玉人。自身の名を冠するボタンを狙い山賊3人を手懐けている。


最終回で登場、3億年前の毛玉人で外敵に襲われていた所をハデスに助けられ懐くがそれにより現代が大きく変わってしまった


余談

  • 多くのエピソードにおいて他作品のパロディが多いのが特徴であるが、そのパロディ元は比較的年代の新しいものも多い。

  • また、最終回にて「第二毛」をやると言ってはいたが、放送終了後3年経ったいまでもやっていない、公式Twitterも有志が確認している限りでは2020年12月末を以て消滅しており日の目を見ることは無いと思われる。

アニメ

OLMWIT STUDIOシグナル・エムディ制作のテレビアニメがテレビ東京系列で2019年から2020年にかけて放送された。全51回の放送で全99話。

主題歌

オープニングテーマ

『レッツ!ゴンじろー』唄:CHA!

エンディングテーマ

『わさわさわさ!』唄:デーモン閣下


外部リンク


関連タグ

小学館 コロコロコミック(月刊コロコロコミック) ソニー(ゲーム版配信元・開発元ForwardWorks) 2019年春アニメ

関連記事

親記事

ソニー そにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101669

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました