ピクシブ百科事典

デーモン閣下

でーもんかっか

デーモン閣下は、日本で一番有名な悪魔。ミュージシャン・相撲評論家・表現者。NHKでは「閣下さん」
目次[非表示]

概要

デーモン閣下(魔暦前98038年11月10日生)は日本のミュージシャン・相撲評論家・表現者。
聖飢魔II結成よりデーモン小暮閣下名義で活動していたが、魔暦11~12年(2009~10年)にかけて、人間でいうところの「小暮姓」抜きの「デーモン閣下」に呼称(芸名)を改めた。
その為、NHKに出演したときにはアナウンサーから「閣下さん」と呼ばれ、「敬称+敬称」という珍妙な現象が発生する。
ここでは、デーモン閣下の、主に聖飢魔II本解散以降の活動に触れる。

ミュージシャンとしてのデーモン閣下

魔暦元年(1999年)、自らが主宰(リーダー)・ヴォーカルを務めた聖飢魔IIを解散。(本解散)
その後、魔暦7年(2005年)、魔暦12年(2010年)に期間限定で聖飢魔IIを再集結。
また魔暦13年(2011年)には東日本大震災のチャリティーイベント『聖飢魔II Presents Tribute to JAPAN』を相撲の聖地・両国国技館にて開催、氣志團MAN WITH A MISSIONらがこのイベントに賛同し、参加している。
ソロ活動も聖飢魔II解散後より行っており、別名義を含めて9枚のアルバム(カバー、ベスト盤を含む)をリリースしているほか、NHK Eテレの朝の番組でおはようソング(「toi toi toi!」・「砂漠のトカゲ」)まで歌っている。

“toi toi toi”


ちなみに、聖飢魔II本解散以降、基本的にデーモン閣下の眼の上の部分の色は「赤」。
ただし、3度の聖飢魔II再集結時には、その部分は本解散前同様「青」となった。

相撲評論家としてのデーモン閣下

それまでも自らがパーソナリティを務めるラジオ番組で相撲をメインとするコーナーを持ったり、専門誌に連載を持ったりするなど好角家として知られていたが、2006年初場所中日、NHK大相撲中継にゲスト出演したのを機に、これが一気に世に知れることになる。
そしてその放送が好評を博したこともあり、その後も不定期にNHKの大相撲中継に出演。
NHKの朝のニュースに場所前解説に登場したり、力士がゲストとして出演する番組に閣下も一緒に出演するなど、相撲評論家としての顔がすっかり定着することになった。

表現者としてのデーモン閣下

聖飢魔II本解散前にも劇団☆新感線の舞台に客演をするなどの活動していた閣下だが、聖飢魔II解散後も、東宝ミュージカル「シンデレラストーリー(初演・再演)」、音楽劇「三文オペラ」(宮本亜門演出)etc.の舞台に悪魔の素顔のまま出演。
相撲のみならず邦楽器・邦楽、能・狂言など日本の伝統文化についての造詣も深く、邦楽・邦楽器との共演・競演は、聖飢魔II時代から15年以上におよび、現在「邦楽維新collaboration」としてシリーズ化された公演も行っている。
またショートフィルムの監督をしたり、映画・ゲームの声優を務めたり、「表現者」としての活躍の場も広がっている。
ちなみに映画「仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」では、敵役アクマイザーのリーダー・ザタン役の声優を務めた。
これは悪魔が悪魔の声をあてるという、極めて希有な例である。
また、セガサターン版桃太郎電鉄・桃太郎道中記では、そのゲームのキングボンビーにあたる、ボンビー大魔王の声を演じている。

関連イラスト

ムリありすぎ
動と静


UN HOLY DEMONMASS (正)w
ゲスト出演の件



関連タグ

デーモン小暮閣下 デーモン小暮
聖飢魔II 聖飢魔 聖飢魔Ⅱ 悪魔
ルーク篁参謀(聖飢魔II構成員。「デモルク」としてラジオのパーソナリティでコンビを組んだ。)
エース清水長官 ライデン湯沢殿下 ゼノン石川和尚
0655

pixivに投稿された作品 pixivで「デーモン閣下」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231535

コメント