ピクシブ百科事典

デーモン小暮閣下

でーもんこぐれかっか

デーモン小暮閣下(デーモン小暮、デーモン閣下、小暮伝衛門)とは、蝋人形とフジフィルムと相撲の悪魔である。
目次[非表示]

概要

御年10004?歳の悪魔。悪魔教教祖かつて聖飢魔Ⅱというヘヴィメタルバンドでボーカルを務めていた。
日本建国の頃から相撲を見続けていた好角家であり、世を忍ぶ仮の姿では「よしのぶ」と呼ばれている。
夜の繁華街で世を忍んでいることを忘れて持ち歌を歌ったところ正体がばれたという逸話もある。
最近、ハリウッド映画「アリスインワンダーランド」にも出演している。

悪魔としてのデーモン閣下

地球デビュー前後の時期に、スカイライダー、スーパー1、BLACKの三人の仮面ライダーを倒し、ベルトを奪った(スカイは地球デビュー前に倒している)。歌番組出演時にベルトのことについて質問されると、「これは吾輩がライダーを倒したという証なのだ」と答えていた。このほか、女神フレイアとの戦いに勝ったこともある。このときの武勲はOVAとなり、語り継がれている。戦国武将とも友人であり、聖飢魔II構成員を引き連れて敗色濃厚な戦の援軍に駆けつけたこともある。

サラリーマンとしてのデーモン閣下

別次元では悪魔の姿のまま学生生活を送り、商社に入社して課長にまで昇進した。この間、人間の女性と結婚して娘をもうけている。住まいは住宅街の一戸建てで、奥さんとの信頼関係は強い。学生時代の友人(一人は警察官になったことが確認されている)とは交友が続いており、部下にも慕われているなど人望も厚い。海外出張を任されたり、正月の式典で万歳三唱の音頭を取るなど上司からも厚く信頼されている。
卓球虫取りなど体を動かす特技を持ち、自転車でバスに追いすがれるほどであるが、肉体の強度や戦闘力は人間と変わらず、に襲われて逃げ出したり、肩凝り治療のためマッサージ椅子を利用したりしている。

余談

・大学の卒業式に本来の姿で出席し、当然咎められたが、「みんな明日から社会に巣立つ姿で来ている。吾輩にとってはこれが社会人としての姿なのだ」と押し通した。

・親が子供に「悪魔」という名前をつけようとした騒動が持ち上がった際、ファンから「やっぱり自分の子供には悪魔と名付けるのか」と質問され、「つけるわけねーだろ。お前は自分の子供に『人間』とつけるのか?」と切り返した。

・2009年に麻生太郎総理(当時)が大相撲の優勝杯を渡す際、土足で土俵に上がったとして「ゆゆしき事態である」とブログで非難したが、実際には総理は専用のスリッパに履き替えており、土足ではなかった。「デーモン閣下がローゼン閣下に物言い」「勇み足でデーモン閣下の負け」などと話題になった。

関連タグ

デーモン閣下…2010年以降は「小暮姓」抜きの呼称(芸名)に統一。
ダミアン浜田 聖飢魔II 聖飢魔Ⅱ

pixivに投稿された作品 pixivで「デーモン小暮閣下」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126924

コメント