ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2015年10月4日からテレビ東京系列などで毎週日曜朝8時から放送しているポケモン情報バラエティ
番組名の「家」は「うち」と読ませている。
略称は『ポケんち』であり、番組の設定上の『家』も『ポケんち』という呼び名で呼んでいる。

前番組『ポケモンゲット☆TV』からは中川翔子あばれる君のみ続投で、新たにヒャダイン、大谷凜香がレギュラーとして出演している。
『週刊ポケモン放送局』から前番組『ポケモンゲット☆TV』までは必ず何らかのポケモンの着ぐるみキャラクターがマスコット的にレギュラー出演していたが、ポケんちではそういった存在はなく人間のみの出演である。

放送時間は60分だった前番組から30分に短縮しており、これは枠拡大前のポケモン☆サンデー以来9年ぶりである。

また、この番組では過去のアニメの再放送はしておらず、『ポケットモンスター アンコール』から続いてきたポケモンのアニメ再放送枠が途絶えることになる。

ほぼ毎回ゲストが登場し、ポケんち内外で何らかのバラエティ企画が行われる。
また、ゲストや視聴者とのポケモンバトルが行われることもある。
ポケモンスマッシュ!までにあったレギュラー出演者が敗北した際のペナルティなどは特にないが、その時のノリによってゲストが敗北した際にポケギャグを要求されることもある。

前番組『ポケモンゲット☆TV』で好評だった『ポケモン交換旅』の企画もサン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーンLET'S GOピカチュウ・LET'S GOイーブイで続けられている。

アニポケ、サン&ムーンで深く関わりあい、準レギュラー共々挿話の端役だけでなくOP、EDにも出演を果たしている。

2020年では大幅に改装され、専用のバトルルームが設置された。これに伴いポケだんちが廃止されたが、代わりにゲストがマンスリーでホームステイする部屋が設置された。

設定

ポケモン好きだけが入居できる家という設定になっている。
メイン画像中段がポケんちメンバー。
この家がマンションなのかアパートなのかといった設定は公式で特に言われていないが、個人の部屋と共用スペースがあることからシェアハウス的なものと思われる。

2018年7月12日にインターネット上で配信された『みんなで見よう「キミにきめた!」生コメンタリー』において、ポケんちでの設定上の中川翔子の部屋が初めて公開された。

入居者

中川翔子

ポケんちの管理人。絵も対戦もエースバーン級。
ポケだちをたくさん読んで、ポケモンについて語り合うことが好き。
運動が苦手なことでよくネタにされるが、ティモンディの「すごいとっくん」でこの問題は改善されている。
あばれる君に過去の自分をいじられることがある。詳しくは下記を参照。

ヒャダイン

ポケんちのブレーン役。バトルの実力も本物であり、「ポケ塾バトル講座」を開いている。
無差別級「HIGH」のベルト所持者。王者の座を長く持ち続けていたが、2021年4月にJ.Y. Park?(おばたのお兄さん)に敗北し座を譲渡する形になった。
中川同様運動が苦手。

ヒャダインさん描いてみた


中川翔子同様あばれる君に過去の自分を変装でいじられることがある。上記の「ヒャダインポーズ」はその名残でありまた本人の象徴ともなっている。詳細は下記を参照。

あばれる君

くポケスマからの続投。当初はお笑い芸人ならではのネタ扱いであったが、番組が進むたび本編・ポケカの実力がつくようになり、現在はポケカの公式大会を開催する資格「イベントオーガナイザー」を持つ。
日本中を周り(1回だけアメリカに行ったことがある)交換だけで図鑑を完成させる「ポケモン交換の旅」の主催者。

  • しらべる君
ポケモンにまつわる様々な疑問を「調べたい」と考えたあばれる君が変身した姿。テーマソングも作られている。
  • 月食ヒャダイン
ウルトラホールからやってきた高校時代のヒャダイン。学ラン+眼鏡をかけた陰キャが特徴であり、「月食ヒャダ陰」とも記される。なお、「月食」が苗字。
ヒャダインポーズは当時の写真で撮っているポーズに由来し、「イン」という言葉が出るたびにこのポーズをとる(語尾が「い」であるときは「イン」になる)。
ポケモンガオーレにも登場。4人のレギュラーメンバーを倒すとバトルが可能。使用するポケモンは日食ネクロズマ月食ネクロズマ
後に本物も登場した。
  • Let's 陽! ヒャダイン
初代ピカチュウのリメイク、LPLEの宣伝で登場した大学時代のヒャダイン。陰キャ時代の高校時代と比べ大学時代の姿は陽の要素が強いことから、陽キャのキャラクターが特徴。ラップ口調で喋る。特に「YO!YO!」は「陽!陽!」と言う。ポジティブさを前出しした「陽パーク」の主催者であり、月食しょこたんに希望を与えた。

大谷凜香

ポケんち加入時はポケモン初心者であったが、月日が経つにつれ知識を身に着けるようになり、現在は他メンバーと同等の強さを誇る。空手が特技。

  • 月食しょこたん(光を求め始めたしょこたん)
ウルトラホールからやってきた学生時代のしょこたん。当時の写真が反り返っていたポーズであることから「月食しょこ反」ともいう。三つ編みの臙脂色のセーラー服で、好きな話題には早口&ござる口調という当時の中川翔子を完璧に反映したキャラクター。
後に本物も登場した。

準レギュラー

ポケんちに住んでいるわけではないが、出演頻度の高い人たち。

ポケモンにまつわる「科学」を実験を通して伝えている博士。登場回は左側の窓から爆発音とともに煙が演出されるのがお約束。
登場するたびにコスプレを披露し、特にコ春春ミ等の女性キャラクターのモチーフが多い
アクティビティゲームを多く提案する。

おてんば人魚・part2


2020年のリニューアルによりバトルルームの実況担当として加入。解説はヒャダイン(ヒャダインが対戦時は中川翔子)。

ポケだんち

しょこたんが作った、ポケんちの近くにあるポケモンが大好きな人が住む団地。
流れ星のちゅうえいが入居者第1号であり管理人。
のちに入居したパンサーの向井慧も管理人となっている。
リニューアルに伴い廃止。

入居者

2018年7月1日の放送で道重さゆみの入居が打診されたが、入居が認められたかどうかは不明。

過去の出演者

  • アントニー

アントニーはスタジオ(ポケんち)での出演はなく、すべてロケでの出演だった。
現在番組には出演しておらず、公式サイトからも消えており、設定上入居しているのか退去しているのかも不明。

挨拶

前番組では「ポケっす」だった挨拶は、この番組では「ポケんちは」になっている。

関連タグ

ゲームフリーク ポケモン ポケットモンスター
アニポケ サトシの旅シリーズ ポケモンバラエティ番組一覧
ポケモンゲットTV:前番組

関連記事

親記事

ポケモンバラエティ番組一覧 ぽけもんばらえてぃばんぐみいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポケモンの家あつまる?」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポケモンの家あつまる?」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9085

コメント