ピクシブ百科事典

独りぼっちは、寂しいもんな

ひとりぼっちはさびしいもんな

「独りぼっちは、寂しいもんな」とは、魔法少女まどか☆マギカの名シーン及び名台詞。
目次[非表示]

以下、第9話のネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい
----


































概要

本編9話にて佐倉杏子が、美樹さやかの変貌した魔女Oktavia_Von_Seckendorffとの壮絶な戦闘の末、相打ちになる直前に呟いた台詞。
「心配すんなよさやか。独りぼっちは、寂しいもんな……。いいよ、一緒にいてやるよ……さやか……。」

詳細

杏子は呪いに心を侵され魔女になってしまったさやかを救おうとするも、遂に彼女が元に戻る事はなく、杏子自身もぼろぼろになってしまう。自らの限界を感じた杏子は祈りを捧げるポーズをとり、この台詞を発した後、最後の魔力を振り絞った攻撃を仕掛けると同時に自らのソウルジェムを粉砕、両者は爆風の中に消える。

自分以外の人のために奇跡を使って報われない結末を迎えた杏子とさやか。
特に杏子は、契約によってずっと独りぼっちでいた過去も相まって、とても重い台詞となっている。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ
佐倉杏子 美樹さやか
杏さや 紅騎士と蒼髪姫
杏子ちゃんマジ聖女

悲劇的な蠍座聖闘士星矢Ω)…ある意味で共通

and_I'm_home

独りえっちは、寂しいもんな

pixivに投稿された作品 pixivで「独りぼっちは、寂しいもんな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4500763

コメント