ピクシブ百科事典

ジャポニズム

じゃぽにずむ

19世紀のヨーロッパで流行した日本趣味。
目次[非表示]

概要

フランス語「japonisme(ジャポニム)」、英語「japonism(ジャポニム)」。
フランスが中心となったため、美術関係では「ジャポニスム」と呼ぶが、専門外では英語読みに近い「ジャポニズム」と呼ぶ事が多く、pixivでも百科事典項目作成時点(2014年6月)では「ジャポニスム」タグの付いた作品が無かったため、項目も「ジャポニズム」で立てている。

19世紀中頃。ヨーロッパ浮世絵をはじめとする日本芸術文化の文物がもたらされていた。開国によって日本と欧米との交流が始まるとさらに活発になり、19世紀後半に国際展覧会(後の万博)に日本代表が芸術品を出品したことでさらに日本芸術が知られ、日本への憧れや趣味とする風潮が流行し、様々な芸術家が影響を受けた芸術品を生み出した。
とくにゴッホルノワールモネといった印象派画家葛飾北斎東洲斎写楽喜多川歌麿歌川広重などの浮世絵から強い影響を受け、浮世絵を写生したり、浮世絵のタッチを真似て描いた絵画、日本にまつわる描写などを描いた。
またルイ・ヴィトンの商品に描かれた模様にも日本の市松模様家紋の影響を受けているといわれる。
アール・ヌーヴォーアール・デコにおいて、単なるイメージの借り物に留まらず吸収された結果、ジャポニズムの流行は収束した。

20世紀後半になって日本の漫画アニメゲームといったサブカルチャーも世界的に人気が高まり、新たなジャポニズムとも呼ばれている。

関連イラスト

日本文化“風”ではなく、日本文化そのまんまの作品もあったりする。

辛酉改元の朝

一般的なジャポニズムのイメージ。

何か違うジャポニズムのイメージ。

関連タグ

文化 芸術 日本文化 浮世絵 印象派
アール・ヌーヴォー アール・デコ
和風 和風ファンタジー
シノワズリ(chinoiserie)…ジャポニズムに先行して流行した中国趣味。
ジャポニズム47

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャポニズム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18619

コメント