ピクシブ百科事典

北都美月

ほくとみつき

北都美月とは、『東亰ザナドゥ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:山崎はるか
北都美月とは、『東亰ザナドゥ』のキャラクター。

杜宮学園生徒会長であり、日本有数の大企業である北都グループの令嬢
後継者として帝王学を仕込まれているため、優しい性格だが言う時ははっきり主張し、黒い事を笑顔で言って相手を戸惑わせたりする。

父親が既に他界している(10年前の「東亰震災」で母親と共に亡くなった)ため、親戚同士の後継者争いに巻き込まれている。

ゾディアックの一員のため異界について様々な情報を持っている。通称は「白の巫女」。「ネメシス」に属するアスカとは対立関係(とはいえ、ミツキ自身は積極的に協力したがっており、どちらかと言えばアスカに一方的に敵視されていた)にあったものの、とある事件をきっかけに両上層部からの許可も下りて協力することになる。

同学年であり最強の不良であるシオとは3年前に警察や鷹羽組が手を出せない犯罪集団を協力して壊滅させた事が縁で顔見知りであり、本編でも絡みが多い。 シオにはその事件の時の彼女の行動からどこか恐れられている節もあり、彼曰く「カズマもあんたの事は高く買っていた」との事。
秘書兼護衛のキョウカとは、彼女が幼くして両親を亡くしている事もあり、立場を越えた間柄である。

ソウルデヴァイス

彼女のソウルデヴァイスは魔法攻撃が得意な杖「ミスティック・ノート」。
剛撃スキルで結界を張り、あらゆるトラップを無視できる。更に、通常攻撃も遠距離攻撃なので、遠くのグリードをおびき出したり、そのまま近付くことを許さず仕留めることも可能。
ただし、殴る用途の杖ではないようで、物理攻撃は不得手。

関連タグ

お嬢様 令嬢 生徒会長

pixivに投稿された作品 pixivで「北都美月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65343

コメント