ピクシブ百科事典

時坂洸

ときさかこう

アクションRPG『東亰ザナドゥ』の主人公。
目次[非表示]

CV:浅沼晋太郎

概要

東亰都杜宮市在住で杜宮学園に通う高校二年生。
普段めんどくさそうな表情に反して御人好しの熱血漢であり、困った人をほっておけない性分。御人好しと言うよりはお節介とも言える(これは自他共に認めている)。
両親は海外に長期出張していて、今年の春から実家で一人暮らしをしている。そのため食事の面倒は隣家の幼馴染である倉敷栞(シオリ)に頼っている部分が大きい。但しその割には独自料理を三つ作れる、それも後述のバイトで培ったスキルと思われるなど決して料理は出来ない訳ではない模様。
シオリとはよく一緒にいるためクラスメイトから夫婦と冷かされているが、本人たちはお互い恋愛感情はないと主張している。
しかしシオリが危険に陥れば自らの危険を省みずに助けようとしたり、シオリが他の男子から告白されて断るまで一喜一憂するなど自覚はしていないが幼馴染以上の感情は持っているようだ。
祖父は九重神社の神主にして九重流柔術宗家の九重宗介。中学まで指導を受けていたので多少の荒事なら対処できる自信がある。最近は道場になかなか足を運ばなくなってしまったようなのだが・・・。
部活には参加していないが、多岐に渡るバイトをしている。元々はある事から逃避のために始めたらしいのだが、今ではそれなりに遣り甲斐を感じているようだ。
友人は小学校からの付き合いの伊吹遼太と、高校に入ってから親しくなった小日向純の二人。放課後二人から遊びに誘われてもバイトがあるためなかなか一緒に行けずに、後で埋め合わせをする事が多いようである。

ある日バイトの帰りに不良グループに絡まれている柊明日香(アスカ)に遭遇し、彼女を助けようと駆け寄ったところで異界に巻き込まれ、非日常の裏世界と関わってしまう。
一度はアスカに異界の記憶を消されるが「適格者」だったために記憶を取り戻し、怪異と戦うための武器・ソウルデヴァイスを発現させる。
シオリが異界に巻き込まれたのをきっかけに、大切な人達を守るためアスカと共に怪異と戦う事を決意をする。だが、終盤でとてつもない真実を知る事になる……。

ソウルデヴァイス

彼のソウルデヴァイスは蛇腹剣型の『レイジング・ギア』。初期属性は「焔」。ストーリーをある程度進めると彼のみ全属性から一つ扱う事が出来る。
攻撃力と攻撃速度は平均的で使い勝手の良い万能タイプ。剣を伸ばす事で広範囲の敵を攻撃できる。
エレメントも彼のみ5つ全て属性制限なしで装備可能。本編では前線メンバーに固定される事が殆どなので自分のプレイスタイルと敵の攻撃パターンに合わせたカスタマイズが出来る。

時坂洸



キャラが被っている?

時坂洸も近年のファルコム系主人公共通のリーダーシップを持った皆に好かれる熱血漢である。
そういう意味ではロイドリィンとキャラが丸被りだが、女性に関する傾向にそれぞれ違いがある。ロイドが弟属性で年上の女性に好まれる傾向があり、リィンが兄属性で年下の女性から、コウが幼馴染一筋である(よって今作は意中の女性キャラの好感度を積極的に上げて絆イベントを起こしても恋仲にはならない)。

関連項目

日本ファルコム 東亰ザナドゥ 倉敷栞 柊明日香



以下ネタバレ注意

























主人公でありながら本作の間接的な元凶でもある(これはコウ本人が発言しているが、アスカは否定している)。
10年前の東亰冥災にてシオリの死を目前にした際、コウが泣き叫んだ事でシオリが「全部嘘であります様に」と願う。この一つの出来事が10年後に異界化の頻発と杜宮の異変を引き起こす原因を作ってしまった。
面倒くさそうな顔に反してお人好しな性格、部活や友達付き合いを割いてまで続けるバイト。中盤ではこれを自分の流儀だと言い張っていたが本当はシオリを喪った喪失感を埋めようとする為に行っていた事。コウは心の何処かではシオリが死んでいると言う事を判っていたが、その事実を認めようとせずに別の口実で自分さえも誤魔化していた。最終盤では結局シオリは死んでいる事実を認めざるを得ない状況にまで追い詰められる。

尚、コウが怪異と戦う目的はあくまで「大切な人達と日常を守る事」に一貫しており、アスカが掲げてるオーソドックスな「世界と人々を守る事」ではない。その「大切な人達と日常を守る事」を遂行する為なら問題を解決させずに自身を含む人々を危険に晒したり強制させるエゴも厭わない考えを持つ。これはグリード化したシオリの撃破後の発言から窺い知れる。
シオリが復活しないノーマルエンドの方が良いかと言う意見もあるが、同じく主要人物が消滅した作品の比較にファイナルファンタジー10が引き合いに出されてるものの、そちらは目的を果たす為の代償も覚悟で消滅したのであり、復活もあくまでおまけエンド。こちらの場合はコウの目的が達成されるか否かと言う線引きになっている為、FF10を引き合いに出すのは御門違いと言えるだろう。

PS4版ではシオリが復活したトゥルーエンドを正史とする追加ストーリーにおいても結局バイトを続けている。理由が先述の喪失感ではなくなったが、どうやら異界化が頻発してた頃のユキノへの情報料の返済と面子立ての協力が理由になっており、前以上に仕事量が増えて四苦八苦してる模様。


以下PS4版ネタバレ注意

















追加ストーリーに登場する狐面の少年。コウとトワは少年に既視感以上のものを感じるが、後半にて素顔は幼少期のコウの姿である事が判明する。
発売前から少年の素顔は隠してる時点でコウなのではないかと囁かれており、シオリが死んだ歴史(並行世界)のコウ本人だと思われたりもしていたが、実際はコウとは全くの別人…否、人ではない。
少年の正体はコウ達に…10年前の人々に討ち倒された筈の『夕闇ノ使徒』。彼が再び現れたのはシオリが復活した際に「シオリは冥災後も生きていた」と言う歴史に修正された事でシオリと同時に復活しており、この歴史での『夕闇ノ使徒』は完全な討伐に失敗し何とか逃げ果せた模様。シオリが死んだ歴史ではシオリと融合する事になるが、コウの泣き叫ぶ姿がシオリの最期のトラウマになった事で、復活した際に無意識にコウの姿になっていたと言う。

夜の影


因縁自体に関わるエピソードでは依然主人公らしさを発揮してるが、リョウタが異界に首を突っ込む、異界について何も知らない初心者と序盤のコウを彷彿させる立ち位置、近年の主人公に見られがちな最弱キャラと言う肩書きがある為、主人公と言う立場はリョウタに若干割を喰われてる様な気もしなくもない。

コウはシオリや自分の姿を写し取っていた『夕闇ノ使徒』と深い因縁が10年前からつきまとっており、遅かれ早かれ怪異と戦う運命にあったのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「時坂洸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61639

コメント